蒼井優と結婚した山里亮太の“ブサイク”強調した『ミヤネ屋』がくだらなすぎる!出演者さえ「腹立たしい」と憤り

wezzy / 2019年6月6日 18時46分

写真

 6月5日早朝、南海キャンディーズの山里亮太と蒼井優の結婚が伝えられた。双方の所属事務所も、公式サイトにて正式に二人の結婚を発表。5日19時からは、東京都内のホテルで記者会見が予定されている。

 報道によると「交際2カ月のスピード婚」だというが、二人は、山里の相方・山崎静代(しずちゃん)を通じて知り合ったという。蒼井と山崎は2006年公開の映画『フラガール』で共演し、プライベートでも親しい間柄になったそうだ。

 おめでたいニュースだが、“ブサイクがウリの芸人・山里”と、日本を代表する人気女優の蒼井が結婚したとして、「美女と野獣婚」と称する報道が目立つ。

『ミヤネ屋』では「気持ち悪いと言われ続けてきた男が……」

 5日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、番組冒頭から宮根誠司が、「いやー驚きました。南海キャンディーズの山里亮太さんと、女優の蒼井優さんの電撃婚が報じられました。まさかの組み合わせということなんですが、交際2カ月のスピード婚。一体、何があったのでしょうか?」と発言。直後には「きょうは6月5日 注:エープリルフールではありません」というテロップも入っていた。

 ナレーションも「あの山ちゃんが電撃婚。しかも相手は……う、嘘でしょ、嘘でしょ。嘘って言ってよ、蒼井ちゃん」「まさに美女と野獣婚」「腰を抜かすほどの一報」「デビューから19年、気持ち悪いと言われ続けてきた男が、ブサイク芸人3年連続1位の殿堂入りが……」「謎だらけのスピード婚」と、山里の容姿が美しくないと強調する。 

 その後も山里について、「ブサイク芸人」として「おいしいポジション」を獲得し、レギュラーも16本持っているが、「女性にまったくモテない」「葛藤」「ブサイク芸人として人気が出れば出るほど女性は遠ざかり」と伝え、一方の蒼井優は2018年に日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に輝き、イケメン俳優や歌手との熱愛が報じられるなど、「華やかな女優人生」を送ると伝え、「国民的人気女優」と「国民的ブサイク芸人」が結婚するなんて信じられないという論調。

 映画『フラガール』で仲良くなった山崎が昨年ラジオで、蒼井優について「優ちゃん最近は本当になかなかときめかないというか、恋愛ができなくて困っていると。でもそんな中で今年唯一“恋愛の好き”ではないけど尊敬できるのが山ちゃんで、本当にすっごい尊敬していてって言ってたんです」と語っていたことについても、「なんと、蒼井さんにとって、山ちゃんが尊敬の対象? にわかには信じられない話ですが……」というナレーションが入った。

橋本五郎は山里亮太の「ブサイク」強調報道に苦言

 そんな中、コメンテーターとして番組に出演していた新聞記者の橋本五郎氏は、「さっきから聞いていて非常にね、腹立たしいのは、山ちゃんがこういう女優と結婚するなんてことはありえないという前提で話していることに対してね、非常に腹立たしく」と、反論の口火を切った。

 橋本氏は、「私は“天の声”さんを通じて聞いてる山ちゃんという人は、とってもね、反応が早くて、しかも相手の気持をよーくね、考えて、反応してくれる。ほんとにいい人なんですよ。そんな人がなんでこういう人と結婚したらいけないんですか!?」と、山里の魅力を語った。

 これに宮根は「ブサイクだからです」ときっぱり。その後も山里を「多才な人」と認めつつも、「山ちゃんは結婚しようっていう勇気はないと思う」「蒼井優ちゃんからプロポーズしたんじゃないかな」「二人が一緒の家で暮らすっていうのが未だに想像できない」など、“美女と野獣婚”をやたらと強調していた。

 『ミヤネ屋』のスタッフも山里と蒼井の結婚を「美女と野獣」と表現することが面白いと思って番組を構成したのだろう。ところが、橋本氏の意見に賛同する視聴者も少なくない。ネット上には「ブサイクだから結婚できないとか酷い」「芸人だからってブサイク連呼は腹が立つ」「美女と野獣って表現はどうなの?」なそ、「ブサイクな山里の結婚に驚き」という報道への違和感が散見される。

 お笑い芸人のなかには「ブサイク」と言われる容姿を売りにしている人も多数いる。けれども、人の容姿を蔑むことを“笑い”として受け入れない視聴者は年々増えており、「美女と野獣」「ブサイク芸人が美女と結婚!?」といった表現も、時代にそぐわなくなっているのではなかろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング