Tik ToK炎上「受水槽で水泳」動画、犯人特定も…「水道汚染罪」逮捕の可能性

wezzy / 2019年6月13日 19時5分

写真

 マンションの受水槽の中で水泳する動画がネット上で拡散され、炎上している。渦中の動画は、あるユーザーが動画共有アプリ「TikTok」にアップしたもの。投稿者と見られる男性が、海パン一丁で受水槽の中を泳ぎながら「めっちゃ気持ちいい」と言う様子が収められている。

 この動画は6月9日頃からSNS上で拡散されている。ネット上では、投稿者の男性を特定する向きが盛んになり、福岡県内で設備業(給排水・衛生設備を施工する工事者)に従事する男性ではないか等と書き立てるトレンドブログもあるなど、さらなる炎上に発展しつつある。

 12日放送の『「羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)でも「受水槽で水泳」動画を取り上げ、大きく報じた。撮影現場となった受水槽は、福岡県内にある新築マンションのもの。昨年9月に入居が開始され、およそ20世帯が暮らしているという。動画が撮影された時期については不明だが、受水槽に水が並々と蓄えられていることから、入居直前もしくは入居後とみられる。受水槽の水は住民の飲料水として使われており、幼い子どものミルクや離乳食を作っていた家庭もあったそうだ。

 同番組の取材に答えたマンションのオーナーは、受水槽は人が出入りできないようになっていることから管理業者による行為であるとみており、防犯カメラの設置など対応を検討するとしている。

 番組では、人が泳いだ水を飲むことで、急性胃腸炎やレジオネラ肺炎など感染症による健康被害のリスクがあることを指摘。受水槽を泳ぐという行為自体、威力業務妨害罪や水道汚染罪などの刑事罰に当たるという。コメンテーターの玉川徹氏は、民事としても慰謝料などを請求するべきと主張し、「こういうことがどのような結果になるかを伝えることも必要」と厳罰を主張した。

 実際に、過去には受水槽への侵入によって逮捕者が出ている。2013年5月、兵庫県宝塚市平井山荘の水道施設「月見ガ丘配水池」で、貯水槽(受水槽)内にゴムボートが浮かんでいるのが発見された。市は発見後、すぐに貯水槽の水質検査を実施し、内部を洗浄。また重大なテロ行為にもつながりかねないとみなし、1200万円の税金を投入して防犯体制を強化していた。

 翌年5月、水道汚染罪の容疑で逮捕されたのは16~17歳の少年4人だった。少年たちは中学校の同級生であり、貯水槽で水泳やキャンプなどを行い、日常的に遊んでいたという。

くら寿司のバイトテロは偽計業務妨害の疑いで書類送検

 今年1月下旬から2月にかけては、大手飲食チェーンやコンビニエンスストアでアルバイト従業員による不適切動画問題、通称“バイトテロ”が相次ぎ、社会問題化していた。

 2月には、回転寿司チェーン「くら寿司」の従業員が食材の生魚の切り身をゴミ箱に捨て、それをまな板に戻すという不適切な動画を撮影し、SNS上に投稿。ネット上に動画が拡散されると、くら寿司には衛生面における抗議や問い合わせの電話が殺到、運営会社のくらコーポレーションの株価は大幅に下落し、大損害を招く結果となった。

 のちに動画を撮影したのは大阪市内の店舗にアルバイトとして勤務していた少年3人であると判明したが、くら寿司側は「多発する飲食店での不適切行動に一石を投じる」とし、少年たちに対して刑事・民事にわたって法的な措置を検討すると発表。

くら寿司の元アルバイトの少年3人は5月29日、偽計業務妨害の疑いで書類送検されている。少年たちは容疑を認め、「面白いことをしているのをみんなに見せたかった」「(元店員の高校生と)仲が悪くなり、困らせようと思った」などと供述したという。

 炎上の当事者たちは、不適切な動画の撮影や投稿について、仲間内でのちょっとした“悪ふざけ”だった――と、口を揃える。しかし“悪ふざけ”の証拠を自ら不特定多数のネットユーザーに見えるようUPしているのだから、軽率すぎるとしか言えない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング