木村拓哉がジャニー氏家族葬で「1人ポツン」だった深いワケ

wezzy / 2019年7月21日 16時5分

写真

 ジャニーズ事務所の創業社長として、芸能界の男性アイドル文化をリードし、老若男女をワクワクさせるエンターテインメントを築き上げてきたジャニー喜多川氏が亡くなり、家族葬で見送られてからはや一週間。

 マスコミ非公開で営まれた家族葬には、ジャニーズ事務所の所属タレント約150人が参列。仕事の都合で来られなかったタレントもいますが、事務所は圧巻の集合写真を公表し、「ショーマストゴーオン」の精神を見せつけました。そんな集合写真の、木村拓哉さんの「ポジション」裏話をアツコが教えてくれました。

―――

 皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

 ジャニー喜多川さんの“家族葬”が営まれ、子供たちである所属タレントさん約150人が参列されました。メディア向けに公開された集合写真を見ても分かるように、祭壇はまさにステージのようにキラキラと光り輝き、写真左側上段に写る長瀬智也くんや井ノ原快彦くん、国分太一くんや坂本昌行くんや岡田准一くん、堂本光一くんや堂本剛くん、二宮和也くんや相葉雅紀くん、亀梨和也くんたちは笑顔だしとっても素敵な写真でね。何とも心温まる感じだったのだけど、それを見て先輩女性記者が一言。

「上段真ん中で岡本健一さんの左隣に位置する木村拓哉くん。木村くんの左隣には佐藤アツヒロくんがいて、木村くんは優しく微笑んでいて相変わらずとてつもなくカッコイイんだけど、ちょっとポツンと1人佇んでる感がして、何だかいたたまれなかったわぁ」

 そんな天下の木村さんを『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)みたいな例え方して~って苦笑いだったんだけど、この木村さんが一見“ポツンと1人でいる”ように見える写真には、涙・涙の深いワケがあったのよね。

中居正広のための空間

 集合写真をご覧になった人も多いと思うけど、確かに木村さんとアツヒロさんの間にちょっとした空間が出来ていて、先輩記者も最初に目にした瞬間「そこがどうにも不自然な距離感に思えた」んですって。でもそれは、実は……残念ながら仕事で出席出来なかった「中居正広さんのためのスペース」だったのよね。中居さんと地元が一緒で長年の友人関係であるアツヒロさんが、中居さんのためにあえて空間を開けておいたから、なんですって。

 蓋を開けてみたらこんな美談があったと言うのに先輩ときたら、木村さんを『ポツンと一軒家』呼ばわりしちゃって、アツが代わりに謝ります。ごめんなさいね。ただまぁこれだけの豪華メンバーが揃えば立ち位置で揉めるのは必至だし、滝沢秀明社長が采配を振るったのは間違いないだろうけど、スタッフもめちゃくちゃ苦労しただろうなとお察しします。本当にご苦労様でした。

 厳粛なご葬儀とはいえ、所属タレントさんたちは優しく微笑んでいるし、祭壇集合写真1つで編集部でもワイワイ2時間ぐらいは軽く話し込めちゃうんだから、改めて「スター軍団のジャニーズってやっぱり凄い!」と思い知らされたわ。

「うわ、光一くんと剛くんが隣同士。よかったぁ」とか「前列センターにSnow Manキターッ」とか「SixTONESもセンター寄り」やら「やっぱりどセンターには王道King&Princeドーン」等と騒ぎつつ「ところでプロデュースをした滝沢社長はどこ~?」だの「少年隊が勢揃い。久々の横並びスリーショット!  まさか最後じゃないよね?」だの「内海光司くんとアツヒロくん。懐かしすぎるツーショだわ」だの「近藤真彦さんは?  あっ、やっとマッチさん発見!」だとか、たった一枚の写真からいろんな事を読み解くべく、マスコミ連中はあーだこーだと勝手に大騒ぎ。

 とある週刊誌の編集長は「それにしても恩義ある親愛なるジャニーさんの葬儀とはいえ、毎日ハードスケジュールをこなす中でよくぞこれだけの豪華メンバーが揃ったよな。夏クールという絶妙なタイミングも味方したのかもしれないけど。夏はどのグループもサマーコンサートを開催するから、夏ドラマの主演はあまりしないしね」との事。確かに今クールは東山紀之さんが『刑事7人』(テレビ朝日系)で、山田涼介くんが『金曜ナイトドラマ「セミオトコ」』(テレビ朝日系)で主演を張り、Snow Manの岩本照くん、ラウールくん、渡辺翔太くん、目黒蓮くんが『シンドラ』枠の『簡単なお仕事です。に応募してみた』(日本テレビ系)で初主演を務めるけれど、春クールよりは多くないの。



 前出の編集長は「基本的に夏ドラはジャニーズクールじゃないから、スケジュールに少しだけ余裕があってこれだけの人数を一挙に集められたのかも。これもジャニーさんの最後の演出の1つなんじゃないかって、みんなで話し合ってたんだ」なんて言ってたけど、ジャニーさんの事だからご自分の死期も、ちゃんと時期を読んでのことで、絶妙なタイミングの“家族葬”だったのかもしれないなと感服するばかり。

 びっくりすることはまだまだあるのよ。ジャニーさんの訃報が知らされる直前に東山さんの主演ドラマ『刑事7人』も、嵐がメインパーソナリティーを担当する『24時間テレビ42・愛は地球を救う』(日本テレビ系)の制作発表会見も行われていて、スタッフ曰く「亡くなったのが1日でも前にズレていたら、会見どころの騒ぎじゃなかった。今思うと、図ったかのような奇跡のタイミングだったんだね」と心底、驚いていたわ。

 ただ、会見は無事に終わったものの、継続して『24時間テレビ~』の情報を取材中の記者たちによると、ジャニーさんの逝去により「内容にかなりの変更がある」らしくて……。

『24時間テレビ』でジャニー喜多川追悼?

 どうも『24時間テレビ』が一部、「ジャニーさんの追悼番組のような感じになるみたい」とため息まじりに話すのは某記者さん。

「そりゃある程度の予想はしてたよ。局側にしてみれば素材はふんだんにあるから困りはしないし、緊急搬送されてからの3週間で万が一のためのそれなりの準備は進めていたから間に合うだろうけど。

 でもおかげで『24時間テレビ』のタイムテーブルがなかなか出なくて、こっちはジリジリ。ただでさえ今年は情報解禁が遅くて、チャリティーマラソンランナーもやっと駅伝方式と2人の名前を発表したぐらい。何もかもが後手後手。

 それに毎年のことだけど、一番の大問題は日テレサイドの“忖度”。嵐本人たちは番組に携わるにしてもみんな至って普通の態度で自然体なんだけど、嵐が絡むとどんな小さな情報1つでも『極秘扱い』になるから、スタッフが無駄に神経質になる。あれはまだ発表するな、これもダメの連続でなかなか前に進まないのが現状なんだ。

 チャリティー番組と銘打っているのにスタッフのピリピリ具合が100倍になって、大上段に構えてモノを言ってくるから胃が痛いよ。忖度にもほどがあるんじゃ?  て言われちゃうぐらいの忖度三昧なんだよね。参っちゃうよ」

 あらら、悲嘆に暮れちゃって可哀想に。スタッフがそんなにピリピリした態度だと、嵐の名前にも傷がついちゃうじゃない。大丈夫なの? ま、もとを正せばジャニーズ事務所さんの情報統制が原因なわけだけど……。



 そんな折、流れたニュースは衝撃だったわよね。公正取引委員会が、違法はなかったとしつつも、独禁法違反(不公正な取引方法)につながる恐れがあるとして、ジャニーズ事務所を注意。事務所側は「圧力をかけた事実はないが今後は誤解されないように気をつける」とコメントを出して。

 早速、新聞記者に話を聞いてみたら「日テレは特に、圧力をかけられる前に忖度と素早い気遣いで立ち回る」から、たしかに「圧力をかけた事実はない」んでしょうけど、度を越した忖度はバレバレなのよ。

「日テレの世渡りはうまいんだろうけど、『24時間テレビ~』だけに関して言えば、あくまでチャリティー番組であって、ジャニーズ忖度番組ではないからね。追悼特集なんてジャニーさんも決して望んでいなかったと思う。もちろん追悼コーナーがあってもいいと思うけど、限度というものがある。日テレサイドも事務所サイドも、今一度チャリティー番組だと言う事を思い出し、原点に立ち返って番組作りをするべき」

 そのとおりだわあ。日テレさん、冷静になって。

 事情通によると「8月に行われるジャニーさんの“お別れ会”が正念場の1つになるだろうね」とのこと。

「各局の勢力争いが激化して弔うどころじゃ無くなりそうだし、所属タレントたちの今後にも注目が集まっているし。タレントだけじゃなく事務所スタッフの行く末も定かじゃないし、事務所を辞めた人たちがどこまで参列出来るものか、その大問題もあってみんな気が気じゃないだろうしね。まぁ今は待つしかないけど、水面下ではとんでもないバタバタが続いている」

 ジャニーさんが安らかにゆっくりお休み出来るようになるのはいつなのかしら?  残念ながらまだ少し時間がかかりそうだけど、どうぞ見守っていてあげてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング