関ジャニ∞の活動休止は9月から? ライブでの脱退、解散示唆も…5人での継続すら困難なのか

wezzy / 2019年8月7日 7時5分

写真

 今年に入ってメンバー脱退や解散説が囁かれるようになった関ジャニ∞。「週刊女性」(主婦と生活社)は、錦戸亮の脱退は既定路線であると伝えている。それによってグループも活動休止が濃厚という見方が根強いが、もはやグループとしての活動継続は困難なのだろうか。

 関ジャニは15周年アニバーサリーツアー「十五祭」を開催中だが、同誌によればツアーファイナルの9月1日~3日東京ドーム公演後、ジャニー喜多川氏のお別れ会を経て、錦戸の脱退が正式に発表されるという。また同誌では、錦戸は関ジャニ脱退後もジャニーズ事務所には残留し、NEWSを抜けた山下智久のようにソロ曲を出し、俳優活動をしていくスタンスであると伝えた。

 錦戸亮は昨年のNHK大河ドラマ『西郷どん』で重要な役どころを演じ、今年も主演を務めた月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)が好調な数字を獲得するなど俳優業が順調だ。ちなみに「FRIDAY」2019年8月16日号(講談社)によれば、錦戸には大手芸能事務所からオファーが届いている、とのことだったが……。ともあれ、ジャニーズ事務所に残るか否かはさておき、関ジャニからの脱退だけは避けられないことのようだ。

 関ジャニでは大倉忠義の脱退意向も噂されて久しい。「十五夜」の札幌ドーム公演では、コンサートの様子が「おかしい」として、複数の観客がツイッターなどのSNSに投稿していた。それによれば、メンバーからの挨拶は珍しくVTRだったという。そして、大倉は次のようなコメントを寄せた。

<僕らはこれだけ個性的なグループですから、もし“違う場所”にいたとしても、それぞれが最後は綺麗な花を咲かせたいと思います>

 この大倉の発言がグループ脱退や解散を示唆したもののようだとして、ファンは騒然。「脱退報道はデマ」と信じていたファンからも「脱退は本当だったの?」「解散を肯定しているようにしか聞こえない」など、ショックの声があがっている。

 さらに、前出「週刊女性」によれば、安田章大も最近、親しい仕事仲間に<やっぱりあいつがいないと厳しいな……>と漏らしていたという。“あいつ”とは、昨年末をもって関ジャニを脱退してソロアーティストデビューを果たしたメインボーカル・渋谷すばるのことだ。これ以上のメンバー脱退が相次げばCD発売やライブツアーの継続は難しくなるとして、記事では関ジャニは事実上の“活動休止”になる可能性が高い、とある。



 しかしである。関ジャニはバンド形式をとるグループであり、メインボーカルをつとめる錦戸、ドラムパートの大倉まで抜けるとしたらその影響は確かに少なくないだろう。ただし、“バンドの体裁を保てない”ことと“アイドル活動を続けられない”ことは、必ずしもイコールではないはずだ。ライブではサポートメンバーを入れるなどの選択肢もあろう。もちろん過去にリリースしたバンド曲も、ライブではいかようにもアレンジできる。また、ボーカルの錦戸が抜けても、関ジャニメンバーの音楽への愛が薄れるわけではないのではないか。

 渋谷すばるの脱退から、大きく揺れ続けている関ジャニ。もちろん錦戸が抜ければメンバーのモチベーション維持が困難になる可能性もある。そう簡単な問題ではないだろう。ただ、本当に“活動休止”は不可避なのか。ジャニーズ事務所サイドとしても、2020年をもって活動休止に入る嵐に続いて看板グループを失うことは手痛いはず。まだ“活動休止”が決定的とは言い切れないだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング