キンプリ岩橋玄樹のグループ脱退説が再燃、キンプリメンバーのソロ活動も活発化

wezzy / 2019年8月23日 19時5分

写真

 パニック障害の治療に専念するため、昨年11月から芸能活動を休止しているKing & Prince(以下、キンプリ)の岩橋玄樹だが、今またグループを脱退するとの噂がファンの間で広まってしまっている。

 きっかけは今月19日、匿名のTwitterアカウントが<いわち(岩橋の愛称)脱退の件について知りたい方いますか??><いたらいいねとフォローお願いします。教えます>と投稿したことだった。

 岩橋は今年4月、「文春オンライン」及び「週刊文春デジタル」がコンビニで店員と揉めた末、警察沙汰になったと報道以降、ジャニーズ事務所からは何の音沙汰もない。そのこともあり、このツイートは「岩橋はこのまま脱退するのでは」というファンの不安を煽ったのだった。

 しかし、匿名のTwitter投稿の信頼性は著しく低い。現在この投稿は削除されており、フォロワー数やいいね数を稼ぐための“デマ”だった可能性も否定できない。

 ファンがとにかく気になっているのは、岩橋玄樹が元気でいるかどうか、この一点に尽きるだろう。同時に、岩橋の戻れる場所がキンプリに用意されているかも、懸念されている。

キンプリメンバーのソロ活動が活発化

 昨年デビューしたばかりのキンプリだが、順調に知名度と人気を上げている。本来のキンプリは6人だが、「キンプリは5人」というイメージがお茶の間につくことも予想され、岩橋玄樹の復帰の足枷になるという懸念はある。

 今年6月にはファーストアルバム『King & Prince』を発売し、見事、初週46.8万枚を売り上げ、7月1日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:6月17日~23日)で初登場1位を獲得した。7月からは7都市32公演を巡るコンサートツアーを開催している。   

 また8月28日には、平野紫耀主演の映画『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』の主題歌になっているシングル曲『koi-wazurai』が発売される予定だ。

 昨年は平野が目立っていたが、今年は他のメンバーのソロ活動も活発だ。永瀬廉は今年秋に放送されるスペシャルドラマ『FLY!BOYS,FLY!僕たち、CAはじめました』(フジテレビ系)で主演、髙橋海人は11月公開の映画『ブラック校則』に出演することが決定している。

 今までとはグループの環境が変わっており、岩橋に精神的な負担を与えるのではなかと心配する声も少なくない。

岩橋玄樹を常に意識するキンプリのメンバー

 しかし、メンバーはいつでも岩橋玄樹が戻って来られるよう、岩橋の存在を常に意識している。たとえば、7月19日に行われた横浜アリーナのコンサートでも、岩橋の存在を感じさせる演出があった。

 終盤に披露した「King & Prince, Queen & Princes」では、本来、岩橋が立っている位置に、岩橋のメンバーカラーである濃いピンクのスポットライトが照らされていた。さらに、ツアーで着用している衣装のひとつは、昨年の『NHK紅白歌合戦』に出場した際に着ていたものを、岩橋カラーにリメイクしたものだそうだ。

 また永瀬廉は、「今、僕たちがライブを守って、いつでも玄樹が帰ってこれる環境を整えつつ、6人揃った時のパワーを改めてみなさんに感じていただけるように今回のツアーを全力で大成功させます!」と宣言している。

 岩橋玄樹の帰りを一番心待ちにしているのはキンプリのメンバーなのかもしれない。ファンもまた、復帰を信じて待つしかないようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング