木村拓哉がゴキブリ退治! Cocomiのエピソードが物語る「家族最優先のパパ」ぶり

wezzy / 2020年6月19日 18時0分

写真

 木村拓哉と工藤静香の長女・Cocomiが17日に投稿したインスタグラムのストーリーで、木村家で起こった“あるアクシデント”について明かし、話題になっている。

 Cocomiはゴキブリのイラストに「Gが出ました」と手書きでつづり、「本当にゴキブリ気持ち悪い!!」と絶叫する妹のKoki,の音声を公開。さらに「妹は母と同じく、gがとてもとても苦手です。処理係はいつも父か私です」と木村家のG処理担当は自分か父の木村拓哉であると明かしていた。

 木村家といえば、父の木村拓哉は元国民的アイドル、母の工藤静香も元人気アイドル歌手、そしてCocomiとKoki,はモデルとして活動し、CHANNELやDiorという世界的ハイブランドのアンバサダーを務めているという、絵に描いたようなセレブ家庭である。

 そんな誰もがうらやむような家庭でも、「G」は出る。この庶民的なエピソードに、ネットでは「キムタクの家でもgが出てしかもそれをキムタクとCocomiちゃんが処理してるとかもう親近感すごい」「キムタクの家にもゴキブリが出たと知り、数十万人、いや数百万人の人が、不思議な安心感を覚えたのではないだろうか」「キムタクの家ですらGが出るんだから、自分の家に出たとしても動じなくなった笑」とポジティブな反応があがっている。

 自宅にトレーニングルームや広いテラスを完備している木村家はまごうことなきセレブ。しかし親近感の湧くようなエピソードは他にもある。

 木村拓哉は17日、インスタにマイけん玉と検定証の写真を投稿し、「けん玉検定4級」と認定されたことを報告。木村の趣味・特技といえばおしゃれスポーツの代表格・サーフィンのイメージが強いが、実はけん玉も得意だったようだ。

 これを受けて大手通販サイトでは、18日昼時点で木村が使っていたものと同モデルらしきけん玉が在庫切れとなっている。過去には木村がドラマなどで着用した衣装がバカ売れしたという現象があったが、けん玉でも同様の事態になっているところをみると、木村の影響力は未だ健在なのだろう。

 芸能界では不倫だなんだと騒がしいが、思えば木村拓哉は、工藤静香と結婚後に浮気や不倫など女性関係のスキャンダルが出たことは一切ない。

 CocomiとKoki,は木村を“とと”と呼び、インスタ用の写真撮影を“とと”に任せるなどしており、良好な親子関係を築いていることがよくわかる。姉妹はいつか結婚するなら若い時の“とと”よりもかっこいい相手と、と決めているほどだという。

 工藤静香は、3月にCocomiのデビューが発表された後、インスタで「一生懸命、でも楽しく子育てをしている中、いつもの様に様々な噂がありました」「娘2人とも、とっても思いやりのある、優しい子に成長してくれました」と、子育てにまつわるさまざまな噂に悩まされていたことを明かしていた。子育てで何らかの問題が起こった場合、妻に任せきりにして仕事や他の女性などに逃げる夫は珍しくないようだが、木村は俳優やタレントとして多忙な日々を送る傍ら、しっかり妻や娘を支え続けてきたのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング