木村佳乃も夫の不倫報道に悩んだ過去…佐々木希と杏に助言?

wezzy / 2020年6月29日 8時0分

写真

 今年、相次いで夫の不倫が発覚した杏と佐々木希。東出昌大と年下女優の3年不倫、渡部建と複数女性との肉体関係を暴かれた二人は、同じ芸能事務所「トップコート」の所属だ。そんな彼女たちを、先輩女優である木村佳乃が励まそうと画策しているという。ちなみに木村と杏は2011年のドラマ『名前をなくした女神』(フジテレビ系)、木村と佐々木は2016年の映画『嫌な女』などで共演経験がある。

 「女性自身」2020年7月7日号(光文社)によると、木村はトップコートの“長女”的な存在であり、夫の不倫に悩まされながらも子育て、仕事に励む杏と佐々木を心配しているという。また、杏も佐々木のことを案じているようで、木村が中心となりテレビ電話で励まし合うことも考えている……とのことだ。

木村佳乃も「夫の不倫報道」を経験していた

 実は木村も「夫の不倫報道」を経験したことがあった。木村は2010年に歌手で俳優の東山紀之と結婚し、2011年11月に第1子を出産。しかし2012年4月、東山が元グラビアアイドルの女性の自宅を訪れ、二人きりで5時間半ほど密会していたと「フラッシュ」(光文社)が報じたのだ。

 東山はジャニーズ事務所の風紀委員と称されるほど真面目なイメージを仮託されている。不倫疑惑には驚きの声が殺到し批判も巻き起こったが、東山はジャニーズ事務所を通して<僕自身の軽率な行動により、誤解を招いてしまったことを反省しております。かねてからの友人ですので、後ろ指を指されるような関係ではいっさいありません>と不倫を否定した。

 だが、東山と木村を別れさせたかった女性側が情報をリークしたといった憶測が飛び交う事態にまで発展。さらにネット上では木村に対しても「夫の不倫が原因で激ヤセ・劣化」といった誹謗もされ、彼女も精神的に辛い思いをしたことだろう。

 そのような危機はあったものの、現在の夫婦関係は良好なよう。2017年の『あさイチ』(NHK)に出演した木村は「夫の好きなところ」を聞かれると、「自分に対して厳しいところ」だと回答。東山は家事や育児をこなす木村に労いの言葉などはかけないといい、「やるもやらぬも自分次第」とのスタンスを貫いているという。有働由美子アナが「冷たいと感じないの?」と反応すると、負けず嫌いな気持ちが出てくるため逆にいいのだと木村は説明していた。夫婦のちょうどいい距離感は人それぞれなのだろう。

 2児の母親であると共に、夫の不倫報道を乗り越えた木村佳乃。だからこそ、今の杏と佐々木希を励まし、アドバイスを送ることができるのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング