新垣結衣の充電期間は結婚のためだった? それでも破られない鉄壁のプライベート

wezzy / 2020年9月11日 17時0分

写真

 現在放送中のドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)で、約2年ぶりに女優業を復活させた新垣結衣。しかしそもそも、彼女はなぜ2年もの間、ドラマや映画に出演しなかったのだろうか。

 ただ単に、十分な休養をとってリフレッシュする目的だったかもしれないし、アウトプットばかりでなくインプットする時間が必要だったためかもしれない。新垣結衣自身は、休みの間に苦手な読書に取り組んだり、一生ものの家具を買い揃えて居心地の良い部屋づくりに勤しんだりしていたと、『GINZA』2020年5月号(マガジンハウス)のインタビューで明かしていた。

 だが芸能マスコミ的には、“ただの充電期間”では面白くない。「女性セブン」2020年7月9日号(小学館)では、10年以上仕事漬けの日々を送ってきた新垣だが、30歳を目前に結婚願望が強くなり、充電に踏み切ったと報じていた。

 新垣が度々メディアで「いつかは結婚したい」と願望を明かしていたことは事実だ。2017年10月に出演した『しゃべくり007』(日本テレビ系)では、恋愛の話になると<(現在)29歳なんで結婚はいつかはしたい>と話していた。ちなみに、タイプの男性は「やさしい人」だそうだ。

 また真偽は不明だが、『獣になれない私たちの』の撮影現場では、共演した田中圭の結婚生活や子どもの話を新垣が羨ましそうに聞いていたとの噂もある。

 とはいえ、新垣結衣のプライベートはほとんど漏れ出ることがなく、ベールに包まれている。これまでいわゆる熱愛報道がなかったわけではないが、デート写真など恋人とのツーショットを撮られたことは皆無だ。SNSのアカウントも一切持っておらず、“匂わせ”から詮索することも不可能である。

新垣結衣と錦戸亮・星野源は「証拠不十分」?

 2013年に(当時)関ジャニ∞の錦戸亮との交際を報じられたことはあるが、とっくに破局。錦戸と新垣は2011年のドラマ『全力ガール』(フジテレビ系)で共演し、これを報じた「FRIDAY」(講談社)によると、お互いの自宅マンションを行き来しており、錦戸が新垣のマンション、新垣が錦戸のマンションに入っていく様子などが写真つきでリポートされていた。しかし、ツーショット写真などはなく、交際の真相は不明なままだ。

 また2018年には、大ヒット主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で夫婦役を演じた星野源との交際が噂されたものの、その根拠は、新垣が星野と同じマンションの敷地内にある部屋に引っ越したという情報だけ。芸能人が暮らせるようなセキュリティ万全の物件はそう多くはなく、たまたま被ったともいえるため、この噂も証拠不十分として消滅した。

 今や爆発的な人気を誇る新垣結衣だけに、事務所スタッフも厳重体制なのかもしれないが、新垣本人がインドア派で、業界仲間との交流もそう多くはないため、情報がなかなか漏れないという面もあるだろう。この先、本人が希望するような結婚の日が訪れるとしても、突然の“電撃婚”でファンを驚かせるかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング