佐々木希に「旦那の分も稼がないとな」「渡部と別れたほうがいい」中傷コメントが相次ぐ

wezzy / 2020年10月9日 8時0分

写真

 タレント・佐々木希のInstagramが、中傷コメントで荒らされ続けている。

 6月に夫のアンジャッシュ・渡部建が不倫していたことが報じられ、Instagramに謝罪コメントを掲載した佐々木希。その後しばらく更新が途絶えていたが、徐々に自身の出演番組やプロデュースしているアパレルブランドの告知などを投稿するようになり、最近では手料理の写真などのプライベートな投稿も増え始めた。

 10月5日には富士山の近くでキャンプを楽しんだことを報告しており、佐々木自身が雑誌インタビューで語ったように、渡部とは離婚せず夫婦の関係を再構築しているようだ。

 彼女は渡部の不倫発覚後もコメント機能をオフにしなかった。現在もコメント欄はそのまま一般ユーザーが書き込める形で開放されている。

 不倫報道直後は「渡部とは早く離婚した方がいい」といったコメントが山ほど書き込まれ、現在も数こそ減ったものの、<あの多目的男が我慢できてるとは思えませんが><旦那の分も稼がないとな><いつ目が覚めますか? 子供のために別れたほうがいいのに>などと、渡部の不倫や彼女たちの夫婦関係を中傷するコメントが止まない。

 また、先日には競泳の瀬戸大也選手が複数人と不倫していたことが発覚したためか、<ホテルに行った瀬戸大也の方が旦那さんよりマシですね>と瀬戸と渡部を比べるようなコメントまで寄せられており、あまりの内容の酷さに「コメント欄閉じてください」と佐々木を心配するファンもいる。

佐々木希はなぜコメント欄を閉鎖しない?

 佐々木は渡部の不倫が明るみになっても、離婚しないという姿勢を貫いてきた。

 9月2日発売の「an・an」(マガジンハウス)では、この騒動に正面から言及。夫の不倫を知った時の心境のみならず、<若いときに比べて、自分はもちろん、他者の弱さも多少は受け止められるようになっていた。だから最悪な出来事を最悪なまま終わらせたくないと思うことができ、立ち上がれたのかもしません>と、前向きになれた理由も語っている。

 不倫を「なかったこと」にはできないだろうが、しかし離婚せずに夫婦関係を再構築しようと決めたとしたら“不倫したことについてどう対処するのか”という問題には結論が出ているとも言える。

 つまり、“夫婦として今後どうしていくのか”について考えていく段階だ。ゆえに、どれだけ「離婚した方がいい」といったコメントが書き込まれようが、佐々木にとってそれは“すでに解決したこと”であり、的外れな意見にすぎないだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング