キンプリ岩橋玄樹の「12月復帰」予想が過熱…配信コンサートに「岩橋がいた」と騒ぎに

wezzy / 2020年10月15日 15時0分

写真

 

 パニック障害の療養のため活動休止中のKing & Prince(以下、キンプリ)岩橋玄樹だが、グループ6枚目のシングル『I promise』で復帰するのではないか、との期待がファンの間でにわかに高まっている。

 岩橋は2018年11月にパニック障害を公表し、休養へ。2019年2月に3枚目のシングル『君を待ってる』で一部活動の復帰を発表したものの、数日後に撤回され、その後は音沙汰がない。今年7月には、テレビでキンプリの過去映像を流した際、岩橋が映っていないものを使用していたことで退所説も浮上するなどファンはヤキモキしてきた。

 しかし先日、メンバーの高橋海人が、今もキンプリが岩橋を含めた6人であることを示唆し、ファンを感動させるという出来事があった。

 髙橋海人は10月13日、会員限定のブログ「海人のアイドル日記」を更新。10月9日~11日に配信した無観客席コンサートの感想を綴ったが、添えられていたのは、メンバー5人がピースサインで輪を作るものの、完全には繋がっておらず、一カ所だけ空白になっている写真であった。

 これは、キンプリにはまだ岩橋というピースが欠けているということを示しているのだろうとファンの間で話題に。確かに、もし岩橋の退所が決まっていのであれば、ファンに対してこうした匂わせはしないはずだ。

 そして岩橋の退所疑惑から一転、今度は近々の復帰説が浮上している。

『I promise』の発売は岩橋玄樹の誕生日前日

 前出の配信コンサートでは、“岩橋が映った”とファンが動揺する場面もあった。最終公演だった11日、「観客席に岩橋玄樹らしきシルエットの人物が座っていた」というスクショがTwitter上で拡散されているのだ。

 客席は暗く岩橋かどうか判別がつくような写真ではないのだが、これを岩橋本人だと信じ、コンサートを見学できるまでに体調が回復したとみるファンは少なくないようだ。

 そしてキンプリが12月にリリース予定の6枚目のシングル『I promise』への岩橋の参加を有力視する声も。根拠の薄い話なのだが、『I promise』の発売日は12月16日で、翌17日が岩橋の誕生日であること、キンプリのメンバーは岩橋を入れて“6”人であり、“6”枚目のシングルだから、といった理由で、この復活説が拡散しているようだ。



 また、通常盤に収録される楽曲は「I promise」「Winter Love Story」「Glad to see you」の3曲で、頭文字を取ると“IWG”、つまり“いわげん”になるということも、「偶然にしては出来過ぎている」と話題になっている。故・ジャニー喜多川氏ならそうした語呂合わせや数字合わせを好みそうではあるものの……。

 今年9月には岩橋と同時期からパニック障害で療養していたSexy Zoneの松島聡が復帰しており、キンプリファンの期待と不安が入り乱れる気持ちはわかる。しかし、岩橋が活動休止をしてからの約2年間、度々、復帰を予想する声が出ては消えてきた。ファンの復帰への期待が、「いわち(岩橋の愛称)のプレッシャーになっているのでは?」と懸念する声もある。

 不確かな情報で一喜一憂せず、公式からのアナウンスを待つしかないだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング