田中みな実、身長153cmでも幼児体型から大人セクシーに!「低身長」を武器に変えた努力

wezzy / 2020年10月28日 9時0分

写真

 フリーアナウンサー・田中みな実の“あざとさ”がまた話題になっている。

 田中みな実は24日に放送されたレギュラー番組『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)で、背の低い女性のあざとさを指摘した。

 田中みな実自身、身長153㎝と小柄だが、低身長は武器になるのかと問われて<めちゃくちゃなります><男性に対しては特にそうだし、背が高い女子に対してもマウントを取れる>と答えた。また、低身長の女性は、高身長の女性に対して「うらやましい」などと言うことがあるが、実際のところ低身長の女性は<絶対に思っていない>のだと力説していた。

 田中の持論に、ネットでは「性格悪い」「あざとさよりも人を見下している感」「そもそもマウント取る必要性が理解できない」と否定的なコメントが殺到している。

 ただ、田中は背が低い女性だが、そのことを彼女自身が武器にしてマウントを取ることはないと否定し、あくまでも周囲を観察・分析した結果「低身長は武器になる」と確信を持っているそうだ。低身長でマウントを取る女性のことは「客観的に見て嫌だなあと思っている」とのことだった。

 田中はこの番組も含めバラエティ番組では“あざとくてモテる女性”枠というだけでなく、“あざといのに好きな男に愛されない女性”という立ち位置でしばしば自虐もしている。好きな男性と付き合っても必ず浮気され、重い女扱いされてしまうのだとエッセイで綴っていたことも。

 そしてTBSからフリー転身後は女性誌を中心にファッションやスキンケアについて明かす機会が増え、女性からの支持を獲得。ほぼセミヌードといえる露出度の高さが話題となった1st写真集『Sincerely yours…』(宝島社)は、発売から1カ月で発行部数60万部突破という大ヒットを記録しただけでなく、購買層の約8割が女性ともいわれ、彼女の同性人気を知らしめる一冊となった。

 しかし、田中の身長153㎝という低身長は、かわいこぶるにあたっては有効であっても、ウィークポイントでもある。以前からネットで「手足が短い」「全身のバランスが悪い」と指摘する声があったほか、彼女と親交が深い爆笑問題・太田光の妻で芸能事務所「タイタン」の太田光代社長が「幼児体型だった」と明かすなど、同性から憧れられる要素にはならなかった。

 だからこそ田中みな実は、背が小さくても美しく均整の取れた体型に見えるよう、努力してボディを作り上げたという。



 太田光代氏が前述の発言をしたのは今年3月に放送された『A-Studio』(TBS系)でのことで、幼児体型だったかつての田中を知っている太田氏は、写真集で披露したボディを作り上げるために<ものすごい努力したのでは>と感嘆。それを受けて田中は<30代に入ってから、このままでは良くないって鍛え始めた>と努力を重ねたことを明かしていた。

 田中は身体作り以外にも、とにかく努力をしている。雑誌などで紹介しているスキンケア方法をみると、化粧水や乳液以外にも、スチーマー、美顔器、パック、美容液、クリームなどを数品使い分けており、工程が多い。また、ファッション誌では自身と同じ低身長の女性に向けてスタイルアップ効果が期待できるコーディネートを紹介し、コンプレックスを克服するための工夫を提案している。

 田中は何もしなくてもキレイでいられるタイプというよりは、とことん努力を重ねて美しさを極めているタイプといえるだろう。だからこそ「私も努力すればあんなふうになれるかも」と同性から憧れの対象として支持されるのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング