白石麻衣と関ジャニ∞安田章大も影響? キンプリ・乃木坂46に「近づけるな」

wezzy / 2020年12月29日 12時14分

写真

 大晦日の『第71回NHK紅白歌合戦』で、King&Prince(以下、キンプリ)と乃木坂46がコラボすることが発表された。事前収録で東京ディズニーリゾートからディズニーの名曲「星に願いを」「小さな世界」を披露する。

 『紅白歌合戦』ならではのコラボ企画だが、キンプリ、乃木坂46双方のファンからは「2組を近づけるな」とのブーイングが発生している。もちろん「どっちも大好きだから嬉しい」「美の暴力!」と喜んでいるファンもいるが、一方で、「戦争しか起こらない」「誰に需要あるの」と批判的な意見も飛び交った。

 乃木坂46は女性人気も高いアイドルグループだが、“推し”との絡みは話が別なのだろう。あくまでも真偽は不明だが、ジャニーズのタレントとプライベートな部分での“つながり”を疑われたことのあるメンバーもいる。

 たとえば、星野みなみのものとされるInstagramの裏アカウントがジャニーズJr.のアカウントと会話をしている画面のスクショが流出した。さらに、齋藤飛鳥のTwitterの裏アカウントだとして、「この間(秋元)真夏さんジャニーズの人にLINE聞かれてた」「AKBはほぼジャニーズ目当て」「乃木坂も2期生はジャニーズ目当てが結構いる」といった趣旨の投稿が物議を醸したこともあった。ただこの時は、斎藤飛鳥本人がブログで「このアカウントは自分のものではない」と否定している。

 今年10月でグループを卒業した白石麻衣の過去も物議を醸した。白石が乃木坂46としてデビューした直後、グループ加入以前に撮影されたプリクラ画像がネット上に流出。白石は関ジャニ∞の安田章大のファンとして「安田のあ」と名乗り、熱心に活動していたことが発覚したのだ。

 乃木坂46と関ジャニ∞が2017年の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で共演した際には、白石が神妙な表情を浮かべているとして、ファンの間で物議。白石には「ジャニーズと共演するために芸能界に入った」という噂が常に付きまとい、ジャニーズWESTの重岡大毅やKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔など、ジャニーズタレントと共演するたびに、熱愛を心配するファンから白石へのバッシングが噴出する事態に。

 また、昨年4月クールで放送された連続ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系)で白石はキンプリの永瀬廉と共演し、「白石が永瀬を誘惑している」「永瀬が白石にアプローチ」しているなどといったゴシップも飛び交った。

 またキンプリメンバーでは、平野紫耀が元乃木坂キャプテン・桜井玲香と“交際を匂わせている”と疑われたこともあった。ちなみに髙橋海人はデビュー直後の2018年にAKB48の元メンバー大和田南那と熱愛が報じられた。

 こうした経緯から、キンプリ、乃木坂46双方のファンからコラボに否定的な声が出ているわけだが、ジャニーズ側も以前よりタレントの素行に厳しくなっており、ただの恋愛であっても禁じられそうな勢いだ。

 コロナ禍において医療従事者を支援しているジャニーズ事務所は、今年報じられた多くのスキャンダルに厳正に対処。手越祐也と山下智久は活動自粛を経て退所し、不倫が発覚した近藤真彦も活動自粛中だ。

 12月15日放送の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)のゲストは東山紀之であったが、「興味のない女性にデートを申し込まれた場合、どう行動すべきか」と問われた東山は「しっかりと断る」と断言。<うちの事務所の状況もこっち。今は、危ない>と、ジャニーズ事務所の内部情報を暴露していた。

 12月にはジャニーズJr.内グループ「美 少年」の佐藤龍我が一歳年上の女優・鶴嶋乃愛との熱愛を報じられ、炎上は今も続いている。佐藤は高校生で、かつコロナ禍の舞台出演中に鶴嶋の自宅に泊まって仕事や学校へ向かうなどしていたことから、本人の自覚を促すとして活動自粛の処分となっている。

 キンプリのメンバーも、今プライベートで何か動いてしまえば大変なことになるという危機感を強めているかもしれない。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング