手越祐也、錦戸亮にコラボ要求 著書でこき下ろすも謝罪なし?

wezzy / 2021年1月30日 6時0分

写真



 元NEWSの手越祐也が自身のYouTubeチャンネルで『【正直に言います】手越が注目しているYouTuberって!?』と題した動画を公開。今後コラボしていきたい相手として、「これいいのかな?」「別にいいよね?」と迷いつつも、錦戸亮と赤西仁の共同プロジェクト「N/A」によるYouTubeチャンネル『NO GOOD TV』の名を挙げた。

 手越は、赤西と「あまりしゃべったことはないんですけど」と言いながら、ジャニーズ事務所を飛び出し、自分がやりたいことを、自分が好きなようにこだわってやっている人だとして、「第一人者ってイメージがあって。素直にかっこいい。男として」と誉めた。また、赤西のダンスパフォーマンスのかっこよさにも一目置いているという。

 錦戸に対しては、「ずっと同じグループで切磋琢磨してました」「錦戸亮君も山下君も一緒なんですけど、側で同じグループだったからこそのかっこよさ、元メンバーだったからこそ知ってるかっこよさって、これはファンでも知らない部分がたくさんある」と説明。

 3人で何を喋ればいいのかは思いつかないそうだが、なぜか「そこに面白さがあると思う」と手越はいつもの楽観性を発揮し、「お互いのファンは見たいだろうなって思ってもらえる気がする。プラス、俺ら3人のファンじゃなくてもムズムズっとするでしょ。国が。国がなんか『ええ、そこ!?』って思うでしょ。『ええ、そこ!?』って思ってもらえるコラボって楽しくない?」と国レベルの話題になることを期待していた。

 手越は晴れやかな笑顔で共演を熱望していたが、過去のことはきれいに忘れられるタイプなのだろうか。赤西はともかく、錦戸亮に対しては昨年8月にリリースしたフォトエッセイ『AVALANCHE』(双葉社)で酷評していたはずだ。

 錦戸は山下智久と一緒にNEWSを脱退して関ジャニ∞1本に絞りアイドル活動を続けていたが、その後ジャニーズ事務所を退所。手越より先に行動を起こしている。だが手越はそんな錦戸を、冷たい目で見ていたようだ。以下は著書より引用。

<錦戸は、ああ見えて自分では物事を決定できない優柔不断なところが少しあります。「亮ちゃんはどうすんの?」と訊くと、彼は「山Pが抜けるなら僕も辞める」と言いました>

<なお錦戸亮は、2019年9月にジャニーズ事務所を退所して独立しています。彼の性格上、赤西仁君(2014年2月退所)や渋谷すばる君(2018年12月退所)が事務所を辞めていなければ、今でも絶対辞めていなかったはずです。「我が強い人に見えて……、意外に自分で自分の人生を決められないのだな」と思いました>

 なかなか辛辣である。

 このように書かれた錦戸本人は、手越のフォトエッセイ発売日当日に行った自身のファンミ―ティングのMCで、「言いたいことはいっぱいあんねんけどな。変に伝わっても嫌やし、やめとこ!」「僕は絶対、エッセイは出しません!」とファンに宣言。手越の本を読んだかどうかは定かではないが、噂が耳に入っている可能性は高いだろう。



 NEWSの初めてのジャケット撮影では、すでに人気ジャニーズJr.だった錦戸に「お前、誰やねん」と言われたという手越。当初は山下、錦戸、内博貴の3人がセンターという並びに決まっており、手越は劣等感を強く刺激されたという。

 NEWSが4人体制になった頃から手越はチャラ男キャラで目立つようになり、結果的にYouTuberとしてチャンネルが成功するほど知名度を高めた。今なら錦戸や赤西と対等にコラボできると思ったのかも知れないが、なんの謝罪もなく、「ネットニュースになることをしましょう!」と錦戸に近づいても、煙たがられて終わりなのではないだろうか。「手越、錦戸亮に謝罪する」という動画のほうがずっと話題になりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング