1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

小川彩佳アナ夫の不倫相手は、なぜ「口裏合わせ」要求を暴露したのか? 渡部も同様の裏切り行為

wezzy / 2021年2月9日 17時48分

写真

 小川彩佳アナウンサーの夫で医師兼実業家の豊田剛一郎氏の不倫相手である女性が、2月8日発売「週刊ポスト」(小学館)にて、豊田氏との関係を赤裸々に明かしている。

 豊田氏の不倫を報じたのは2月4日発売の「週刊文春」(文藝春秋)だった。豊田氏は小川アナと入籍した約1カ月後である2019年8月に女性と不倫関係に発展。女性の引っ越し費用や家賃の一部も負担していた。2020年7月には小川アナとの間に第一子が誕生するが、その後も不倫関係は続き、同年10月には女性と沖縄旅行を楽しんでいたそうだ。

 この報道を受け、豊田氏は不倫を認めて謝罪。医療ベンチャー企業・株式会社メドレーの代表取締役を辞任している。

 「文春」には不倫相手の女性側から流出したと見られるLINEの画面や、豊田氏の写真などが掲載されており、女性の知人の証言も掲載されていたため、ネットでは女性がリーク元ではないかと疑う向きが強かった。しかし女性は「ポスト」でこれを否定。小川アナへの謝罪を述べるとともに、不倫の詳細を明かしている。

 女性が豊田氏と出会ったのは2018年12月のIT関係者が集まるイベントで、2019年2月の時点で自然と男女の関係になっていたという。豊田氏と小川アナが結婚したタイミング、そして小川アナの妊娠がわかったタイミングで、女性は「関係を終わりにしたい」と申し出たが、豊田氏に「終わりにしたくない」「嫌だ」と引き止められ、関係を継続してしまったそうだ。

 しかし不倫が報じられるとわかると、豊田氏は女性に<妻から君に電話があるかもしれない>と連絡を入れ、「結婚後は肉体関係はない」との口裏合わせを求めたという。実際、その日の夜に小川アナから連絡を受けた女性は、豊田氏との約束通り結婚後の肉体関係を否定したというが、小川アナは「つじつまが合わない」と腑に落ちていない様子だったと振り返っている。

 「ポスト」のインタビューによって不倫相手の女性への批判は強まっているが、同時に、嘘をついて妻を欺こうとしていた豊田氏へもいっそうの非難が飛んでいる。敢えて釈明インタビューを受けたのは、女性から豊田氏への報復の意味も込められているのかもしれない。

 同じようなことは昨年もあった。アンジャッシュの渡部建も、「週刊文春」が自らの不倫を報じることがわかると、妻である佐々木希が隣にいる状態で相手女性に電話をかけ「俺らが最後に会った日にちは覚えてる?」と質問していた。その際、相手女性に口裏合わせをしてもらったと昨年12月の謝罪会見で明かしている。

 記者から<奥さんである佐々木希さんは相手の女性と電話で話したのでしょうか? 結婚後にも関係があったかどうかを気にしていたとのことですが>と質問された渡部は、<僕は、結婚前のことにできないかということで、相手女性に電話をして……卑怯なやり方なんですけど、口裏を合わせていただくようなやり方をしてしまいました>と回答。

 さらに記者から<相手女性が奥さんとお話しした電話とは別に、その方へ口裏合わせの電話をしていたのですか?>と詰められると、<電話しているときに隣に奥さんがいて、僕の方から『最後に会ったのは結婚前だったよね』と口裏を合わせてもらうように促してしまいました>と、女性に圧をかけ嘘をついてもらったと説明した。

 佐々木希は渡部との離婚を選択しなかったが、小川彩佳アナはすでに実家に帰り豊田氏とは別居状態にあると報じられている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング