BLACKPINK・ジェニーに「ダンス手抜き」批判 G-DRAGONとの交際でやる気がなくなった?

wezzy / 2021年3月6日 6時0分

写真

 BLACKPINKのジェニーが「パフォーマンスにやる気を感じられない」と批判を受けている。ジェニーは先月にBIGBANGのメンバー・G-DRAGONとの交際が報じられたばかり。いったいなにがあったのか。

 きっかけは、1月に行われたBLACKPINKのオンラインコンサートだ。この中でジェニーは何度もダンスの振り付けを間違えている。そうしたミスを編集した動画がSNSで拡散され、批判を浴びているのだ。

 G-DRAGONもジェニーもK-POP界を代表するトップスターであり、両者のファンとも、その関係を好意的に迎えていた。交際報道が出た直後にはBLACKPINKのファンが集まるオンラインコミュニティーの有志によって「世間の視線を気にせず自分のために幸せな出会いを続けてほしいというのがファンの切実な願い」とする声明文も出ている。

 ただそれはあくまで「ファンに可能な限りベストなパフォーマンスを届ける」という歌手の仕事をまっとうしていればの話なのだろう。

 ジェニーとG-DRAGONの交際を報じた韓国メディア・Dispatchは、コンサートの前日にジェニーがG-DRAGONの家に泊まり、そのまま出勤している様子を伝えていたため、「まじであり得ない。他のメンバーだって忙しいのに」といった反応が出ている。

 また交際発覚のタイミングがまずかった側面もある。3月12日には、BLACKPINKメンバーのロゼによる初めてのソロアルバムのリリースが予定されている、他のメンバーの晴れ舞台の直前にスキャンダルで注目を集めてしまったことに対する不満もファンの一部ではくすぶっているようだ。

ジェニーは以前から足のケガを心配されている

 とはいえ、実は、ジェニーのダンスが「手抜き」であるとして炎上したのはこれが初めてではない。

 2018年には、BLACKPINKデビュー直後(2016年)と現在(2018年)でジェニーのダンスがどう変化しているかを検証する動画が拡散され話題となっている。

 ただそれは「天狗になった」など、本人のモチベーションの問題ではないかもしれない。変化の背景に、足のケガが関係しているのではないかと見るファンも少なくない。

 ジェニーはデビュー直後からたびたび足のケガをファンから心配されている。2018年には、日本ツアーの大阪公演で舞台上の階段でつまずき足首をひねったこともある。

 2020年にはInstagramの生配信に松葉杖をついて登場している。ランニングマシンで運動している最中、自分の足首につまづいて転び、じん帯を負傷したのだという。

 全力で踊ることができなかったり、ステージに集中できないのは私生活のせいではなく、身体のコンディションのせいなのかもしれない。

 そうした事情を汲み取っているファンも少なくないようだ。ジェニーの公式Instagramは交際報道後から更新が止まっているが、炎上を受けてか、ファンから応援の言葉が多く寄せられている。

 コメント欄には「私たちのために出来る限りのことをしてくれているの、分かっているからね」「みんなジェニーのこと愛しているよ」「ジェニー、帰ってきて」といったメッセージが並ぶ。

 ジェニーによるラップの迫力や、ステージに立ったときの圧倒的なカリスマ性はデビュー時からいささかも変わっていない。きっとくすぶる悪評をはねのけてくれるはずだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング