坂上忍、『バイキング』の司会に執着はない? 犬猫YouTube好評で「本業はお世話とギャンブル」

wezzy / 2021年4月1日 15時53分

写真

 坂上忍のYouTubeが動物好きの人々から好評を得ている。

 坂上は今年3月23日にYouTubeデビューし、「坂上家のチャンネル」を開設した。最初に投稿した動画「坂上忍、YouTubeを始めました!」では、愛犬の「森田パグゾウ」と共にYouTubeを始めた理由を説明。

 <『まさか僕がYouTubeを始めるとは』と思ったんですけど>としながらも、『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系)の中で坂上と一緒に暮らす犬猫を紹介するコーナー「今日の坂上家」を、番組が放送されていない地域の人々からも観たいという声が多数届いているため、YouTubeで愛犬、愛猫の姿を配信することにしたという。

 坂上は18匹の犬・猫と生活しており、動物愛護に積極的なことで有名だ。また、坂上はギャンブルも好きであり、今後はボートレース生配信もしていく予定だという。

 3月30日に公開した動画では、坂上家の“18兄弟”全員を紹介。各々の性格や関係性、坂上家に来た経緯を細かく解説している。

 現在(3月31日)のチャンネル登録者数は3.9万人で、前述、犬と猫の紹介動画の再生回数は10万回ほど。コメント欄には動物を愛する人々から「とても大事にされてるのがよくわかります」「坂上さんのいっぱいの愛情を受けてとっても幸せそう」「お仕事お忙しいのに、犬猫の世話18匹もおこなって、1匹ずつの名前だけでなく性格や個性や病気までちゃんと理解しているのがもうほんとに凄いです」など、熱いメッセージが多数寄せられている。

 このように動物好きとしては評価を得る坂上。だが一方で、タレントとしての彼の評判は芳しいとは言い難い。

『ダウンタウンなう』の次は『バイキングMORE』から追い出される?

 坂上忍は『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の人気コーナー「本音でハシゴ酒」にレギュラー出演していたが、この春の番組改編で『ダウンタウンなう』は打ち切りに。同枠では同番組の人気コーナーであった『人志松本の酒のツマミになる話』がレギュラー番組として新たにスタートしたが、そこに坂上と浜田雅功の姿はなかった。

 改編発表の会見で、フジテレビの編成局編成センター編成部長・齋藤翼氏は、浜田と坂上について「ご納得の上で、出演はないということにいたしました」と説明しており、今後も坂上と浜田の出演予定はないのだろう。

 坂上はフジテレビと蜜月関係にあったタレントだが、1年ほど前から仲が壊れ始めているとの報道がされるように。2018年にスタートした『直撃!シンソウ坂上』は、昨年9月に終了。『バイキング』のスタッフが坂上からのパワハラで休職に追い込まれたとの報道がされたこともある。また、坂上の『バイキング』での言動が物議を醸すことは珍しくなく、先日は過去の「ブス嫌いキャラ」はスタッフの提案だったと責任逃れするような発言をし、視聴者から批判を浴びた。

 そのため、ネット上では「『ダウンタウンなう』の次は『バイキング』から追い出されるのでは?」との意見も出ている。

 ちなみに、23日のYouTube動画で坂上は<本業はこの子たち(共に暮らす犬と猫)のお世話とギャンブル>と冗談交じりに明かす場面も。坂上本人としても『坂上どうぶつ王国』とボートレース関連の仕事さえ死守できれば、案外、『バイキング』の司会に執着はないのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング