割れにくいシャボン玉も作れる! おうちで簡単にできるシャボン玉液の作り方

Woman.excite / 2015年8月30日 5時15分

写真

残暑とは言え、まだまだ暑い日が続くので、おうちでプール遊びをすることもあるでしょう。プールに入って水遊びをするのも楽しいですが、毎回同じ遊びだと子どももマンネリしてきますよね。


© timonko - Fotolia.com


そこでおすすめなのがシャボン玉遊び。プール遊びと一緒にすれば、水着を着ているので、服の汚れの心配をせずに思い切り遊ばせることができるはず!
子どもも、プール遊びとシャボン玉遊びができるので、大はしゃぎすること間違いなしですよ。

そこで今回は、シャボン玉で遊びたい時、家にあるものを使って簡単にできる、シャボン玉液の作り方を紹介します。

とってもお手軽! シャボン玉液の簡単な作り方
まずは、とってもお手軽なシャボン玉液の作り方から紹介しましょう。

<用意するもの>
洗濯のり
ぬるま湯
台所用洗剤

どの家庭にもあるような手軽な材料で、基本のシャボン玉液をつくることができます。
作り方もとても簡単で、ぬるま湯:洗濯のり:台所用洗剤を「5:4:1」の割合でぐるぐると混ぜ合わせるだけでOK!
たとえば、

ぬるま湯 50ml
洗濯のり 40ml
台所用洗剤 10ml

の割合で混ぜ合わせると、シャボン玉液が100mlできます。

これなら子どもと一緒に簡単に作れますよね。混ぜ合わせる時は大きめの容器を使ったほうが、液が外に飛び散らないのでおすすめです。


割れにくいシャボン玉をつくりたい!
基本のシャボン玉液では、いまいち丈夫さが足りない、すぐに割れてしまうという場合は、洗濯のりの代わりに「グリセリン」をプラスしてみましょう。グリセリンはほとんどの薬局で購入でき、価格は500mlで500円程度です。

グリセリンを加える時のレシピは、先ほどの材料の割合とは少し異なるので、気をつけてくださいね。ぬるま湯:台所用洗剤:グリセリンを「1:1:3」で混ぜ合わせてみてください。
たとえば、

ぬるま湯 20ml
台所用洗剤 20ml
グリセリン 60ml

の分量で混ぜ合わせると、割れにくいシャボン玉液が100mlできます。

洗濯のりを入れた基本のシャボン玉液と比べると、まったく違うシャボン玉ができますよ。「シャボン玉」の歌にあるように、屋根の上のほうまで飛んでいくような丈夫なシャボン玉になるはずです。

変わったアイテムで、一風変わったシャボン玉遊びを
シャボン玉液のほか、シャボン玉を作るアイテムをアレンジすると、一風変わったシャボン玉遊びが楽しめます。

普通にストローで吹いてシャボン玉を作るのもよいですが、たとえば、うちわの紙の部分をはいで、骨組みのところを使ったり、古くなった魚を焼く網を使ったりしても、変わったシャボン玉になりますよ。網の目が細かいと小さなシャボン玉がたくさん重なりあった形になるので、子どもも大興奮してくれるはず!

ほかにも、シャボン玉液にラム酒をちょっと加えるとシャボン玉の色がキレイになったり、粉ゼラチンを入れるとさらに割れにくくなったりと、いろいろな効果が期待できます。

手作りには、市販のシャボン玉液とはまた違った発見や楽しさがあります。オリジナルのシャボン玉液をつくって、子どもと一緒に挑戦してみてください!
(RUREI)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング