レンジで簡単、体にやさしい「まるごとかぶと桜エビのスープ」

Woman.excite / 2015年9月14日 21時0分

写真

レンジで簡単! まるごとかぶと桜エビのスープ

遅く帰った夜や少し肌寒い日、温かいスープが飲みたいと思っても、手間もかかるし、洗い物も増えて面倒…。そんな時に、ひとり分をレンジだけで手軽につくれるスープをご紹介しましょう。

かぶがまるごと入った、やさしい味わいのスープです。

レンジで簡単! まるごとかぶと桜エビのスープ



■まるごとかぶと桜エビのスープ(1人分)

<材料>
かぶ…1個
桜エビ…ひとつかみ(約3g)
水…150ml
顆粒ブイヨン…小さじ1/2〜1
塩…少々
 
 

<つくり方>
かぶは葉を2cmほど残して皮をむき、おしりから十字に切り込みを入れる。
耐熱容器に1.のかぶを入れ、桜エビ、水、顆粒ブイヨンを入れてふんわりとラップをかけ、電子レンジ600Wで5分加熱する。
味をみて、塩で味をととのえる。

たったこれだけです。これなら疲れて帰った夜や時間のない朝でも、サッとつくれちゃいますよね。

顆粒ブイヨンは商品によって味の濃さなどが異なります。桜エビからも旨味が出るので、味が濃くなりすぎないよう、顆粒ブイヨンのパッケージの表示を確認したうえで、味を見ながら調節していきましょう。

今回は中サイズのかぶを使っていますが、大きさによって電子レンジでの加熱時間は変わりますので、様子を見ながら調節してください。中まで火が通るように調理しますが、ある程度食感が残るように仕上げるのがおすすめです。

また、今回は火通りがよくなるように切り込みを入れています。もちろん、食べやすくひと口大に切ってしまってもかまいませんが、まるごとドカンと入っていると「おかず」感が出て、一気にテーブルが豪華になりますよ! 

なお、桜エビの代わりに、ちりめんじゃこ、すりおろしたパルメザンチーズなどでもアレンジ可能です。また違った味わいを楽しめます。

胃にもやさしく、体を温める効果もあるので、遅い夜ごはんや体調がすぐれないときにもぴったりなヘルシースープ。お酒を飲んだ翌朝やもう一品ほしいときなどに、ぜひお試しくださいね。
 
 
(森崎 繭香)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング