ハロウィンに子どもと作りたい! 失敗知らずの「メープルパンプキンタルト 」【今日の時短ごはん Vol.89】

Woman.excite / 2018年10月17日 8時0分

写真

こんにちは。料理研究家の越野美樹です。
10月に入ると、街は ハロウィンの準備で盛り上がってきますね。今日は乳製品や卵・お砂糖不使用の「 メープルパンプキンタルト」をご紹介します



今回ご紹介する「 メープルパンプキンタルト」は、生地を混ぜて伸ばして焼き、フィリングを詰めるだけ。

タルトの生地を手作りするにはバターを室温に戻して、生地をすり混ぜて、冷蔵庫で寝かして、タルトをから焼きして、フィリングを詰めて、二度焼きして…とかなりの手間がかかりますね。それにタルトの生地は綿棒で厚みを均一に伸ばしたりと、製菓の技術が必要です。

メープルパンプキンタルト」は生地を丸めてタルト型の中で伸ばす、 ラフな作り方。誰にでも簡単に、 失敗なくで作れます。それに、乳製品や卵・お砂糖を使わずに、メープルシロップとオイルを使った生地だから、とっても ヘルシーです。




パンプキンタルトの フィリングは、蒸しかぼちゃをマッシュしたものに、 メープルシロップを混ぜただけ。素材の甘みを生かした素朴なパンプキンタルトですが、サクサクのタルトにかぼちゃがたっぷり詰まっていて、 満腹満足のおやつです。 かぼちゃの優しい甘さがたまらないタルト、 ハロウィンのデザートに、お子さんと一緒に 手作りしてみませんか?

■メープルパンプキンタルト

調理時間 25分



レシピ制作:藤野料理教室にじ 越野美樹


<材料>作りやすい分量
<タルト台>
薄力粉 120g
かたくり粉 20g
メープルシロップ 50g
菜種油 40g
塩 ひとつまみ
<フィリング>
蒸しかぼちゃ 200g
メープルシロップ 大さじ2


<作り方>
1、大きめのボウルに薄力粉とかたくり粉を入れて泡立て器で混ぜる。

2、別のボウルにメープルシロップ、菜種油、塩ひとつまみを入れて泡立て器で混ぜる。

3、1に2を入れてゴムベラなどで縦に切るようにさっくり混ぜる。

4、生地を丸めてタルト型に入れ、手で押しながら均一の厚さに縁まで伸ばし、180℃に熱したオーブンで15分ほど焼く。




5、蒸しカボチャとメープルシロップをブレンダーにかける

6、4の粗熱が取れたら型から外し、5をのせる。


さっぱりと甘さ控えめながら、 濃厚な味わいの「メープルパンプキンタルト」。 初心者でも コツいらずで簡単に作れ、 ほっこり秋を感じるかぼちゃのお菓子です。


■「メープルパンプキンタルト」のアレンジ例

●アレンジ例


かぼちゃのフィリングを さつまいもに変えても同じように作れます。さつまいもの方が ホクホク感が大きいので、フィリングのメープルシロップの量を少し足してみてくださいね。タルト型は小さいものを使うと、タルト のサクサク感が増して、またひと味違うおいしさを堪能できますよ。




生地があまったら、綿棒で伸ばして型抜きすれば、 クッキーとしても楽しめます。




お子さんにも安心してたくさん食べさせられる体に優しい素材を使った、ほっこりタルト。タルトを焼いている間にフィリングをさっと作れるので、 かぼちゃのおいしい季節に、ぜひお試しください。
(越野 美樹)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング