ムスメとぶどう【すくすくきろく@kita.acari 第40話】

Woman.excite / 2018年9月9日 12時0分

写真

食事中は「遊び食べ」で暴君ぶりを発揮していたムスメちゃん。しかし、いまでは自分で食べるようになり、その成長ぶりがカワイイです! しかし親がゆっくりご飯を食べることは難しく…。そんなときの強い味方とは!?


ムスメとぶどう

0歳や1歳のころに比べると、だいぶ自分で食べてくれるようになったムスメ。

大人の食事もかなり楽になりました。

なりましたが基本甘えん坊将軍なので、自分で食べられるものでも食べさせて欲しがったり、遊び始めたりを制止したりと相手をしていると大人が完食するのはムスメのあと…という事が少なくありません。




だいたい昼食後にお昼寝する事が多いムスメは、まだ添い寝しないと寝られないので自分が食べ終わるや否やかまってモードに豹変(ひょうへん)します。

「ちょっと待って! あとちょっとで食べ終わるから!」
と言っても、ハイチェアからぐいぐいせり出して抱っこを要求してきたりします。

それなら床に降ろしておけば…と降ろすと、速攻で膝の上に乗っておっぱいをまさぐってくるという。

食えるか!

しかし、そんな時の強い味方がいます。



ぶどう(デラウェア)!!
意外と二歳児でも(一歳児でも?)むけるんですよね。


つまんでぐっと押すとぷるんと出てくる快感に取りつかれればこちらのものです。




黙々と楽しそうにむいてる間にかっこむという戦法により、何とか完食できない日は減っていきました。




ただ、稼げる時間も減ってるという。
どんっどんうまくなるんです…皮むくの。

最初はひとつひとつ慈しむように、ぷるんぷるんむいて並べて愛でてからひとつひとつ食べるみたいな感じだったのが、もはや最短距離(直接口に入れて皮だけ出す)に。

アレだよ? もっとゆっくり食べてもいいんだよ…?

もっと早く食べられるように精進したいと思います…。
(きたあかり)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング