十分注意を払っているつもりだったのに…。娘との電車移動中に起こった危険な出来事【うちのひと観察記。 第23話】

Woman.excite / 2019年10月24日 13時0分

写真

十分注意を払っているつもりだったのに…。娘との電車移動中に起こった危険な出来事【うちのひと観察記。 第23話】

こんにちは。私はこいしさんと申します。現在、4歳差の姉妹を育てる主婦です。

子育てを始めてから7年がたちましたが、特に一人目が小さい頃は、 子どもの予測不可能な動きに慣れておらず、危ない瞬間が多かったように思います。

今回は、上の娘が小さかった頃に起こった危険なエピソードをひとつご紹介します。

子どもが危険な目に遭うのはとてもショックです。

また、親としての未熟さを露呈するようなもので、正直あまり書きたい思い出ではありませんが、みなさんに 「こんなこともあるんや…」という注意喚起ができれば幸いです。

■電車移動中に起こった事故


当時、娘はとても活発で、ジッとできない時期でした。

なかなか椅子に座りたがらないので、電車の中ではいつも娘と手をつないで立っていました。

移動中は、娘が転ばないように気をつけていましたが、私が一番気になっていたのは、 停車駅でドアが開く瞬間でした。

私が一番気になっていたのは、停車駅でドアが開く瞬間でした


娘が駆け出して外に出たり、電車とホームの間に落ちてしまうのでは? と思い、駅に着いて電車が停車するたびに、私は娘を抱っこしていました。

娘は開くドアが気になったのか、身を乗り出して自動ドアの隙間に手をつっこんだのです


ある時、いつもの通り停車駅で娘を抱きあげた瞬間、娘は開くドアが気になったのか、 身を乗り出して自動ドアの隙間に手をつっこんだのです。

当然、娘は泣き叫びました


当然、娘は泣き叫びました。

周囲の学生や大人たちがあわてて扉を開けてくれ、すぐに手は外れました。

「念のため」と、駅員さんが救急車を呼んでくださり、病院で診察してもらいましたが、子どもの腕は細くてやわらかいこと、自動ドアと本体の部分(扉が格納される場所)に隙間があったことが幸いして、ケガには至りませんでした。

■もっともショックだったこと
もっともショックだったこと


腕が挟まれてしまったこと自体もショックでしたが、私がもっとも落ち込んだのは 「気をつけていた(つもり)だったのに事故が起こった」ことでした。

子どもとお出かけするときは、いつもドキドキ&ヒヤヒヤして、私なりにさまざまなシーンを想像しながら、一生懸命、注意を払っていたつもりでした。

それなのにこんなことが起こってしまった。

病院で先生に 「問題ありませんよ」と言われた瞬間、私は子どもへの申し訳なさで涙が止まりませんでした。


■自動扉に気をつけて
自動扉に気をつけて


子連れで行動すると、自分ひとりなら問題にならない、 あらゆる場所にも危険が潜んでいます。

あの出来事以来、私は危険予知に関してまったく自信がない状態なので、誰かにアドバイスができることは、ひとつもありません。

ただ、この記事を読んでくださった方が、自動扉を見たら 「腕が挟まれるかもしれない」ということを想像して、子どもに注意を向けていただけたら、うれしいです。
 
 
(こいしさん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング