彼氏の浮気が発覚!でもこれは逆効果…な女の反応7パターン【前編】

Woman Insight / 2014年12月13日 11時30分

愛する彼氏や旦那さんが浮気をしてるかも……。できればそんな経験はしたくないものですが、いざそうなったとき、ある程度心の準備をしていないと、パニック状態に陥り、感情にまかせて後悔してしまうような言動をしてしまいがちです。

浮気をされないような予防行動も大事なのですが、それ以上に大切なのが「浮気発覚後の行動」なんです。このときの女性の対応次第で、男性の浮気が本気になったり、愛想を尽かされたり……そんな悲しい展開になってしまうことも。

そこで「男性が逆切れしたくなったり、愛情が冷めてしまったりする、浮気発覚後の女の言動」をリサーチしてきました。


 
1その場で「相手の女に連絡して縁を切ってよ」と迫る

「急にパニックでそんなことできるはずない」(美容師・28才)
「あとから浮気相手に謝りの連絡は必ずすると思う」(流通・28才)
「気持ちはわかるけど、実際無理だよー無茶言うなよーって泣きたくなって、そのうち、こんな提案する女がめちゃくちゃ性格悪く見える(笑)」(商社・29才)
「浮気相手の女性に申し訳なくなって、かえって愛情が向こうにいっちゃことも」(サービス・33才)

浮気をもう二度としないようにと、相手の女と目の前で切るのを確かめて安心しようとする女性が多いですが、浮気が本気になるかもしれない危険な行動だったのです!

2携帯電話をのぞき見したことを告白する

「申し訳ないけど、逆切れできるチャンスワード到来(笑)!」(公務員・29才)
「このときは仲直りできても、一度勝手に携帯見られたっていう不信感は一生拭えないと思う」(証券・30才)

浮気が発覚する理由NO.1である「携帯チェック」。ですがこのことを告白するのは、ほんとーーーーに危険。絶対やめるべきです。

3■「私のどこが悪かったの?」と泣き続ける

「被害者っぽくシクシクやられ続けても、どうしていいかわかんないだけで暗い気分になる。この子とこの先いても、つまんなくなっちゃうかなって」(建設・34才)
「謝るしかできないし、いったいどうして欲しいんだよってイライラしてくる」(アパレル・27才)
「本当に悪いところがあっても、このタイミングで言ったら切れるくせに!!」(DTPオペレーター・28才)

男は“自分に責任がないときの女の涙”は好物ですが、“自分に責任があるときの涙”は大嫌い(笑)。最初は相手の罪悪感を刺激して効果的ですが、そのうちうんざりして心が離れてしまう危険性も!

残り4パターンは次回ご紹介します。(吉田奈美)

★後編はコチラ→ 彼氏の浮気が発覚!でもこれは逆効果…な女の反応7パターン【後編】

【あわせて読みたい】

※男の浮気心を徹底調査!ひとりの女に決められない本当の理由

※納得?意外?2014年「好感を持てた言葉」「嫌悪感を抱いた言葉」ランキング発表!

※【松本モテ道】手つなぎ?食事?キス?どこから浮気かボーダーライン調査

※「彼女がいるけど○○なんだ」「○○の相性って大事だよね」etc.警戒すべき男の『本音⇔建て前』ワード5つ

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング