ユニクロの2015年春夏コレクション速報!まだ冬だけど今すぐ欲しくなる~!!

Woman Insight / 2014年12月15日 21時0分

12月3日(水)、都内某所で開催されたユニクロの2015年春夏コレクション展示会、「UNIQLO LIFEWEAR SPRING/SUMMER 2015」。まだまだこれから寒くなる冬真っ只中にも関わらず、今すぐほしくなってしまうアイテムが勢ぞろいしました!

既存のファッションジャンルにとらわれることなく、ライフスタイルに合わせて一日中快適に自由な着こなしを実現するアイテムを幅広く取りそろえた今回のコレクション。

人々の生活に寄り添い、常に“着る人”を中心に据えた服づくりにこだわり続けたユニクロが辿り着いたのが、”Life Wear”というコンセプトです。

スポーツシーンだけでなく、日常着やフェススタイルにもぴったりのとっても充実したカジュアルウエアや、しわになりにくく速乾性のあるきれいめスタイルを実現するアイテム、たった一枚で様になるワンピース……などなど。早速チェックしていきましょう!

まずは、日常着にもスポーツウエアとしても幅広く活躍するカジュアルウエア。さまざまな色や素材、形が揃い、非常にバリエーションが豊富になっています。

たとえばこちらのポケッタブルパーカー。手に持っていることを意識させないほどの軽さやコンパクトさはもちろんのこと、より女性らしい色が豊富に。撥水加工も施されているので、ちょっとしたアウトドアにもぴったり。

色だけでなく、柄も豊富に揃いました。


さらにUVカットフルジップパーカーも女性らしい色が豊富に。

そしてこのようなきれいめスタイルも登場しているのですが、なんとこちらのパンツはウエストがゴムになっており、オフィスシーンでもリラックスして過ごすことができる優れもの。もちろんストレッチ性も抜群です。

ほかにも自宅でのお洗濯が簡単なイージーケア機能や、夏にうれしい速乾性など、働く女性にやさしいきれいめアイテムが数多く揃います。

さらに人気のタフタ素材のスカートやタイトスカートなども、色も柄も非常に魅力的。

来年人気が予想されるドット柄が揃います。カーディガンもかわいい!

そして春夏たっぷり着回したい、リネンアイテムが超豊富! シャツやジャケット、ストール、ワンピースなど、色違いでいくつも欲しくなるものばかり。

こちらの長袖リネンシャツや……

ワンピースも。

ユニクロのリネンはすべて上質なフレンチリネン。繊維が長くしなやかで、吸湿・発散性に優れます。リネン素材は扱いや手入れが難しい印象がありますが、自宅でお洗濯が簡単にできるのがとてもうれしい。

定番となってきているリラコ、エアリズムもバリエーション豊富に!

まだ詳細はお伝えできませんが、コラボアイテムも登場しますよ。

エアリズムにはパーカーが登場! ジムでのトレーニングやランニングなど、日々のスポーツシーンに大活躍の予感です。ご覧のとおり、パーカー以外も色や形がさらに豊富に揃いました。ちなみに半袖のブラトップも登場します!

こちらは“オンもオフも、一枚で様になる。”をテーマとするワンピースたち。さまざまな色や柄、形、素材のワンピースが季節に合わせて登場します。非常に楽しみ!

シルエットやディティールにこだわりが。一枚で着られるよう、インナーが見えない袖ぐりのラインなど、細やかな配慮が感じられるアイテムとなっています。

お馴染みの『UT』は、2015年もNIGOさんがクリエイティブ・ディレクションを担当。

イギリスの絵本キャラクター「Mr.Men Little Miss」や、自転車メーカー「Brooklyn Machine Works」、日本からは江戸初期から400年近く綿織物商を営む京都の老舗「永楽屋」など、キャラクターや老舗ブランドまで、本物のポップカルチャーを厳選しています。

アンディーウォーホルコラボもちらり。

個人的にグッときたのはこの「ウォーリーをさがせ!」Tシャツ! これちゃんとウォーリー探せるんです。

ほかには、さらに進化を遂げたジーンズたちが揃います。ユニクロのジーンズで初めてリペア加工を施したデザインジーンズが登場し、大人気のスリムウルトラストレッチジーンズはさらに最適なはき心地を追求。それら以外にもよりバリエーション豊富に、2015年も展開されていきます。

今回はご紹介したのはほんの一部。まだまだ寒い日がこれから続きますが、あたたかい季節に登場するユニクロのコレクションをぜひ楽しみにしていてくださいね!(鈴木 梢)

【あわせて読みたい】

※無印、ユニクロ、ZARA…おしゃれのプロが選ぶ“安くていいもの”はこれ!

※人間がマネキンに!ユニクロの2014年秋冬コレクション一気見せ!

※【2014AW】ZARAの新作!秋はベーシックカラーを効かせて大人に

※スタイリストがプライベートで心がけている“安くていいもの”選びの鉄則6箇条

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング