【今日のインサイト】本日から「冬の上野動物園」スタート!

Woman Insight / 2014年12月16日 6時0分

本日12月16日より上野動物園では、「UENO ZOO WINTER」と題し、冬ならではの動物園の魅力を楽しむことができる、クリスマスとお正月のイベントが開催されます!

クリスマスイベントでは、サンタクロースに変身した飼育係が動物たちへクリスマスにちなんだスペシャルなエサをプレゼントします。それぞれの動物にちなんだエサが用意されるので、ぜひタイムスケジュールをご確認のうえ、足を運んでみてください。

また、お正月イベントでは「干支展──もこもこ・ぬくぬく・うねうね」と題し、2015年の干支の動物であるヒツジにちなんだ企画展を開催。同園内で刈り取られた羊毛を使用したヒツジの毛の秘密の解説や、今回の「UENO ZOO WINTER」のポスターのモチーフにもなっている、羊毛作家・鈴木千晶さんが制作した、羊毛を材料にしてつくられたヒツジの作品の展示がおこなわれます。同イベントはほかにも盛りだくさんの内容が用意されています。

そして1月2日(土)、1月3日(日)には、園長とヤギやヒツジなどの動物がお出迎え! 撮影会もおこなわれます。さらに先着で干支柄のおせんべいのプレゼントも。ギフトショップでは干支ピンバッジが、食堂では動物おみくじと干支飴が、こちらも先着でのプレゼントとなります。オリジナル絵馬のワークショップなど、お正月イベントも魅力たっぷりです!

上野動物園は明治15年(1882年)に開園した、日本で一番歴史のある動物園。園内は、東園と西園に別れており、徒歩またはモノレール(有料)により移動できます。ジャイアントパンダやアジアゾウなど、その数なんと約400種、3,000点の動物が飼育されています。

アイアイのすむ森やクマたちの丘など園内各所で、動物のすむ環境や生態を見ることができる展示施設があり、平成23年10月28日には新展示施設「ホッキョクグマとアザラシの海」がオープン。北極圏に生息する動物達の生き生きとした姿をいろいろな角度から見ることができます。

今しか見られない、冬の上野動物園の姿、冬の動物たちの姿をぜひご覧ください。盛りだくさんの展示やワークショップなどのイベントも、お楽しみに!(鈴木 梢)

「UENO ZOO WINTER」 イベント詳細はコチラ

http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=ueno&link_num=22598

画像提供:公益財団法人東京動物園協会

◆上野動物園 概要

【住所】 東京都台東区上野公園9-83
【電話】 03-3828-5171
【開園時間】 9:30~17:00(入園は16:00まで)
【休園日】 毎週月曜(月曜が祝日にあたる時は翌日休園、12/29~1/1)
【便益施設】 食堂2か所、売店5か所、身障者用トイレ9か所、授乳室3か所、ベビーカー貸出2か所(300円)、モノレール(大人150円子供80円)

【入 園 料】※()は団体(20名以上)の場合
一般 600円(480円)
65歳以上 300円(240円)
中学生 200円(160円)
小学6年生まで 無料(無料)
※都内在住・在学の中学生は無料
※年間パスポートは一般2,400円、65歳以上1,200円

【無料開園日】
開園記念日(3月20日)、みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

【アクセス】
・JR上野駅公園口から徒歩5分
・京成電鉄上野駅から徒歩10分
・東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅から徒歩12分
・都営地下鉄大江戸線上野御徒町駅から徒歩15分
・東京メトロ千代田線根津駅から池之端門へ徒歩5分
・駐車場なし。近隣の有料駐車場利用

【上野動物園ホームページ】
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/

【あわせて読みたい】

※【今日のインサイト】10月4日は「世界動物の日」。犬のプロに聞いた犬にモテる鉄板テクとは!?

※【写ねこ(1)】かわいいのに笑っちゃう!奇跡のおもしろ猫写真10連発

※動物カフェの次はコレ!激カワのフクロウとふれあう「アキバフクロウ」に行ってきた

※【こっち見んな】爬虫類、猛禽類…変わった動物が池袋に大集合!?

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング