【今日のインサイト】時差ボケ、機内食…現役CAに気になるアレ聞いてみた

Woman Insight / 2014年12月17日 6時0分

1903年の今日は、アメリカのノースカロライナ州キティホークで、ウィルバーとオーヴィルのライト兄弟が動力飛行機の初飛行に成功した日。この日は、4回飛行を行い、最高記録は飛行時間59秒。飛行機の名前は「フライヤー1号」だったそうです。

今ではすっかり海外旅行には欠かせない移動ツールとなった飛行機。機内では、テレビモニターで映画を楽しむことも出来たり、機内食のクオリティもかなり高め! そこで、知り合いの現役(!)CAに、気になるフライトでのあれこれを聞いてみました。

Q.CAさん達はなぜみなさん化粧が濃いめなんですか?

暗い機内でもお客様にわかっていただけるように、はっきりとしたメイクでフライトします。エアラインスクールでは、メイクアップの授業もあり、そこでメイクの仕方を学びます。

Q.機内食って2種類選べますが、どちらか足りなくなることはないんですか?

よくあります。魚料理と肉料理の用意がある場合、お肉料理が人気でなくなることもあります。

Q.機内食はどうやって温めてるんですか?

機内では火が使えないので、大きなスチームオーブンで一気に温めます。

Q.機内食でお腹いっぱいにならなかったらおかわりできますか?

余りがある場合はできます。

Q.CAさんやパイロットの方は機内で何を食べるんですか?

CAは、お客様に出すものと同じ物を食べます。ただ、パイロットは、万が一の食あたりに備えて全員違うメニューを食べる決まりになっています。

Q.CAさんは時差ボケしないんですか?

もちろんします。なので、離陸後すぐに時計を現地時間にあわせて、そのあとのスケジュールをイメージして行動すると時差ボケ予防になります。中途半端な時間に寝ないことが大事です。

Q.フライトの希望は出せますか?

希望は出せますが、会社に言われたフライトになります。ハワイや南国方面がクルーからは人気です。

Q.たまに、芸能人の方などフライト中にCAさんから電話番号を渡されたって言っている人もいますが、お客さんに連絡先を渡すことはありますか?

会社の決まりで連絡先をお客様に渡すことは禁止されています。

意外に知らなかったフライトでの裏側! ぜひ海外旅行やお仕事で飛行機に乗る際に参考にしてみてくださいね。(松本美保)

【あわせて読みたい】

※男ウケと女ウケでこんなに違うの!?男女別人気料理ランキング大発表!!

※【カナダ連載5】バンクーバーに行ったら絶対行きたい!絶景スポットを紹介

※【香港ディズニー(4)】Wi-Fiは?お金は?検索してもなかなか出てこない「香港ディズニーQ&A」

※ホテルは直前確保!狙い目はGW?近場の海外を堪能するためのコツとポイント

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング