【同棲どうしよう】男女が一緒に住むと、43%の人が「夜の生活が○○になる」

Woman Insight / 2014年12月20日 17時50分

Woman Insight編集部の鈴木梢です。「非モテ研究所」の後藤さんと同じ25歳です!

私自身は「無印良品で彼氏につくってみた」連載でおなじみ、最近できた彼氏とラブラブなわけですが、デートのたびに離れるのがつらいのでそろそろ同棲をしたいです。でも、考えてみたら同棲ってどう始めればいいのでしょうか。まったくわかりません。

そこで! 同棲経験のある150名の男女(男性60名、女性90名)にアンケートを実施。その回答は「なるほど納得」なものから「え、そうなの!?」と衝撃的なものまでそろい、非常にためになる結果となりました。

これまで同棲の「いいこと」「わるいこと」ランキングをご紹介してきましたが、今回は気になる「セッックスの頻度」についての結果発表です……。

★同棲「いいこと」ランキングはコチラ
★同棲「わるいこと」ランキングはコチラ

デートで飲んだカクテルです!きれい!

◆セックスの頻度は変わりましたか?

増えた 27%
減った 43%
変わらない 30%

いちばん多かったのは「減った」という回答! 単純に一緒にいる時間が増えたら比例するのかと思いきや、前回の「同棲のわるいこと」アンケートの1位が「ドキドキが減った」だったことでもわかるように、家族同然の気持ちになり、頻度が減る人が多いようです……。

◆どれくらいの頻度になりましたか?

頻度が減ったどころか、なんと21%もの人が「しなくなった」と回答……絶望的です……。ちなみにその他と回答した18%の方々の具体的な頻度は「3か月に1回くらい」「月に2, 3回」など、人それぞれ。

とは言いつつ、週3回以上している方が計25%いますし、その中で「毎日している」という方も3%いるので、なんだかんだでラブラブなカップルも多いなと思いました! 良かった!

これまでのランキングや今回の結果でわかってきたのは、やはり同棲には努力が必要だ! ということ。「わるいこと」の1位になったのが「ドキドキが減った」でしたが、その理由を見てみると、やはりどちらかの努力が足りないように思いました。

もちろん一緒に暮らして“生活”になると気を使えなくなる場面もあるとは思いますが、「努力を忘れないことの大切さ」を心に留めておこうと思います!

次回は「同棲の前に親に話したかどうか」についてのアンケート結果です。お楽しみに!(鈴木 梢)

【同棲どうしよう】シリーズ

★【同棲どうしよう】男女150人調査!同棲のいいこと第1位はやっぱり「○○」

★【同棲どうしよう】男女150人調査!同棲のわるいこと第1位は「○○が減った」

【同棲どうしよう】一覧はコチラ!

【あわせて読みたい】

※マンネリ脱却に新事実!「○○のキス」でカップルは長続きする!!

※SOS!人には聞けないデリケートゾーンのお悩み【かゆい編】

※男の浮気心を徹底調査!ひとりの女に決められない本当の理由

※【松本モテ道】「メスベーション」とは?秘密の言葉「男子会用語」にちょっと引いた

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング