【今日のインサイト】12月31日は「シンデレラ・デー」。なぜそう呼ばれているの?

Woman Insight / 2014年12月31日 6時0分

12月31日……それは、1年間を締めくくる最後の日。大晦日です。年が変わる瞬間に合わせて初詣に出掛けたり、初日の出を見に行ったり、この日だけは深夜の時間を目いっぱい楽しむ人は多いことでしょう。

ちなみにこの日は「シンデレラ・デー」とも呼ばれているのですが、その理由、わかりますか?

童話「シンデレラ」には、午前0時を過ぎてしまうと、シンデレラにかけられた魔法が解けてしまうというストーリーがあります。そのためシンデレラは、舞踏会での時間を楽しみながらも、魔法が解けてしまう時間を非常に気にしながら過ごします。

皆さん、12月31日もそうではありませんか?

新しい年を迎えるタイミングを、思い思いのことをしながら過ごすのが、1年最後の年である12月31日。日付が変わるタイミングを迎えるまでの時間を楽しみながらも、大事なタイミングを逃してしまわないよう、そわそわする人が多いはず。

そんな、シンデレラのように午前0時を気にする人がいちばん多くなることから、12月31日は「シンデレラ・デー」と呼ばれているのです。皆さんはシンデレラのように不安な気持ちではなく、期待しながら午前0時を待っていてくださいね。(鈴木 梢)

【あわせて読みたい】

※【今日のインサイト】10月3日はドイツ統一の日!シンデレラ城のモチーフになったお城とは…

※「貧乳」じゃなくて「品乳」!シンデレラバスト専用下着が可愛いすぎ!

※【速報】制作費20億円!シンデレラ城がプロジェクションマッピングで幻想的に変わる!

※【香港ディズニー(1)】香港でしか見られないパレード「ディズニー・ペイント・ザ・ナイト」がめちゃ素敵!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング