池波正太郎、湯川秀樹…数々の文士、文化人たちが愛した洋食の味とは

Woman Insight / 2015年5月16日 22時0分

昭和の時代に盛んに食べられた料理は、いまも日常にある普段の食。でも、その「普通」のなかに、日本人が大切にしてきた丹精な手作業や真心が宿っているのです。

『和樂』6月号では、文士、文化人が愛した昭和の味たちを大特集。今回はそのなかから、誰もが親しみ深い洋食のみを4つ、ピックアップしてご紹介します。

ビーフシチューにステーキ、カレーと、東西の絶品がそろいます。いますぐ店に足を向けたくなるはずですよ。

◆吉村昭さんが愛した「レストラン香味屋(かみや)」のビーフシチュー

取材を得意とした小説家、吉村昭さんは食べ物に対しても貪欲でした。吉村さんが洋食を食べに通ったのが、大正14(1925)年創業の『レストラン香味屋(かみや)』。

「少年時代、胸をときめかせて白いテーブルクロスのかかった食卓の前に坐って、トンカツやハヤシライスを食べた洋食屋の名残りのある店が好きだ」(『味を追う旅』河出文庫)という言葉通りの、クラシカルな昭和の美をたたえたお店です。

ビーフシチュー(¥3,500<税込>)は、シチューというよりデミグラスソースで食べる肉の煮込み。白飯の甘い香りを引き立てるためのソースなので、気兼ねなくご飯に絡めてどうぞ。

【店舗情報】
「レストラン香味屋(かみや)」
住所:東京都台東区根岸3-18-18
電話:03-3873-2116
営業時間:11:30~20:30(L.O.)
休:無休

◆湯川秀樹先生が愛した「丸太町東洋亭(まるたまちとうようてい)」のビーフカレー

大正7(1918)年の創業以来、料理は立派な石炭ストーブでつくられます。効率とは無縁のストーブ料理は、食べる側にも余裕があってこそ成立するもの。ゆったりと流れる時間も、この店の味のうちです。

さて、このカレーの虜になったのが、店に近い京都大学理学部に在籍していた湯川秀樹先生。野菜と果物が入ったルーは、裏ごしされてなめらかに。

別鍋で煮込んだ牛肉とルーを合わせて、ビーフカレー(¥1,800<税込/昼のみ>)は完成します。口にすれば、とても贅沢につくられたことがわかるはず。

【店舗情報】
「丸太町東洋亭(まるたまちとうようてい)」
住所:京都府京都市上京区河原町通丸太町上ル東側桝屋町370
電話:075-231-7055
営業時間:11:30~13:45(閉店14:00)、18:00~20:30(閉店21:00)
休:月曜(祝日の場合は翌日休)

◆池波正太郎さんが愛した「重亭(じゅうてい)」のテキ(ヒレ肉)

「いかにも大阪洋食ふうのソース(むしろタレといいたい)がとろりとかかったビーフ・ステーキのやわらかさ」(『散歩のとき何か食べたくなって』平凡社)と池波正太郎さんが称賛した「重亭(じゅうてい)」のステーキ(¥3,700<税込>)。

先代の教え「料理は手を抜くな」の言葉を守り、デミグラスソースをのぞいて、ソースのつくり置きはなし。注文が入ってから肉を切り落とすなど、ひとつずつ、つくりたての料理を提供する、古き良き昭和の流儀が貫かれています。

「テキ」は上等なヒレ肉が200グラム。隠し味に醤油が効いた、酸味のあるタレにつられて女性でもペロリといただける一品です。

【店舗情報】
「重亭(じゅうてい)」
住所:大阪府大阪市中央区難波3-1-30
電話:06-6641-5719
営業時間:11:30~15:00(L.O.)、17:00~20:30(L.O.)
休:火曜(祝日の場合は翌日休)

◆田辺聖子さんが愛する「欧風料理もん」のもん風コロッケ

昭和11(1936)年、神戸三宮に創業したこの店は、2代・3代にわたるファンが多く、看板娘の女将も70代、厨房で働くコックさんの多くも40年以上のキャリア。昭和40(1965)年代から50年代にかけて神戸で暮らした“神戸古馴染み”の田辺聖子さんも、平成に入って三宮を再訪して足を向けたのはこのお店でした。

田辺さんお好みコロッケ(¥1,700<税込>)は、丁寧に布で漉してつくる自慢のベジャメルソースが直球で楽しめる逸品。具が牛肉というのも実に神戸らしく、いい部位の角切り肉が入るのは、『もん』ならでは。カラリとした食感をつくるきめ細かなパン粉は、女将の手製です。

【店舗情報】
「欧風料理もん」
住所:兵庫県神戸市中央区北長狭通2-12-12
電話:078-331-0372
営業時間:11:00~21:00
休:第3月曜

昭和の懐かしい料理をいただける、いまも愛され続ける名店たち。自宅でつくることができるメニューでありながら、その名店にしか出せないこだわりの味を突き詰めています。ぜひ、東西の昭和の味を、体験してみてはいかがでしょうか。(鈴木 梢)

『和樂』2015年6月号(小学館)

【あわせて読みたい】

※老舗でいただく絶品の味!『和樂』厳選「うなぎ」の名店5軒

※『和樂』が厳選!日本人なら一度は絶対行きたい老舗蕎麦屋

※「ご飯のおとも」ランキング!海苔、明太子をおさえた圧倒的1位はやっぱりアレ!

※この春絶対食べたい!極上レストラン発、こだわり野菜のスペシャリテ3選

※小森純が運動なしで16キロもやせたヒミツは3つの食事法にあった!

Woman Insight

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング