【同棲はじめました】先に知りたかった!波乱の部屋探し、ドタバタ引越し実録

Woman Insight / 2015年7月27日 20時0分

Woman Insight編集部の鈴木梢です。彼氏との遠距離恋愛を経て、ついに同棲を始めることになりました!

以前「同棲どうしよう」という連載をしていた私。同棲を実際に始めるにあたって、しっかりみなさんのご意見を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

★【同棲どうしよう】シリーズはコチラ

今回から始まる「同棲はじめました」は、そんな「同棲どうしよう」を踏まえての部屋探しから引越し、そして実際に同棲を始めてみての実録をお届けいたします!!

◆ひとり暮らしと同棲、部屋の探し方はどう変わったか

以前から同棲をすることは決めていた私たち。彼が帰ってきてからすぐに部屋探しを始めることにしました。まずは私と彼、それぞれの求めるお部屋の条件を洗い出し。

私の条件
【必須】
・1LDK以上
・LDK合わせて10帖以上
・バストイレ別
・2口コンロ以上
・独立洗面台がある
・駅から徒歩10分以内
・築浅(もしくはリノベーション済)
・全面フローリング

【妥協可能】
・3口コンロ以上
・お風呂が広くてきれい

素敵ライフを夢見る私の条件は多いです。「同棲どうしよう」で間取りランキングをとったところ1位が1LDK、2位が2LDK、3位が2DKだったので、1LDK以上で探すことにしました。

★【同棲どうしよう】男女が一緒に住むのにベストな間取りは1LDK?それとも2DK?

彼の条件
・渋谷から徒歩1時間以内

彼の勤務先が渋谷なのですが、終電を逃しても歩いて帰ることができるエリア内がいいそうです。条件はこれのみ。とりあえず「そもそも終電を逃す前提なのか!?」と軽くケンカになりました。

ひとり暮らしのときの部屋探しと変わったことといえば、「家賃・生活費をどれだけ出せるか」「自分の理想の生活のための立地、環境、間取りはどれくらいか」という点で、それぞれの条件を擦り合わせておく必要があるということでしょうか。

1Rに同棲するという猛者もいましたが、理想はやっぱり1LDK以上。ということで大抵家賃は上がります。つまり、初期費用もかなり高いということ。きちんとふたりで納得のいく額を負担し合えるかも重要です。

さてさて、実際に物件を見に行くことに!

◆腐った柱、謎のドア……波乱の部屋探し

渋谷近隣エリアで探すべく、渋谷駅近くの不動産屋へ。なぜか好条件の部屋をバンバン探し出してくれ、中でも特に気になった3部屋の内見に行くことに!

物件1「大通り沿いで防音もバッチリ、水回りもピカピカ! でも……」

【GOODポイント】
駅からずっと大通り沿いを歩いて10分くらいで夜も安心、オートロックマンションの6階で防犯面◎。さらに、奥にあるベランダの窓は二重! 深夜でも車通りの多い道に面しているのにも関わらず、驚くほど静かでした。

築年数は 確か、約10年。バストイレなどの水まわりはフルリノベーション済でピカピカ!

【BADポイント】
間取りが1DKで、DKの広さは約6帖。私の必須条件の「LDK合わせて10帖以上」を満たしていませんでした。ちなみに1DKの中でも、場合によってはDKがかなり広く、リビングも兼ねて使える場合があるようです。

物件2「リビングがサイコーに広い!! でも柱と床が●●なんです」

【GOODポイント】
まず、リビングが広い!! キッチンを過ぎると10帖くらいの、使い勝手のいい形のスペースがあります。洗濯物を少し干せる小さなベランダと、窓もあります。

さらに、寝室を囲む扉はすべて開け放ってリビングとつなぐことができ、場合によっては広々1部屋として使うこともできるという優れもの。お客さんが来たときは閉じて、それ以外は開放的に使うこともできそうでした。

【BADポイント】
まず建物自体にエレベーターがなく、こちらのお部屋は3階。そして暗い。建物自体の灯りがめちゃくちゃ少ないうえに、暗い通りの奥にあるという。ちょっとしたホラーです。

そして何より問題なのが、部屋の中の、柱の根元が腐っていること。フローリングも広範囲が軋み、トイレの床もなぜかカビている。クリーニング前物件ということでしたが、どちらにせよ柱も床も直しきれないとのことでした。

あと寝室と脱衣所の間に、謎の扉が。寝室側にある扉を開けてもそこには壁しかなく、どうやら洗面台をつけるときに塞いだ跡のようです。なぜ扉を取らなかった……。

物件3 「築20年、だけどリノベーション済。謎の掘り出し物物件」

【GOODポイント】
駅から徒歩10分、賑やかな商店街を抜けた場所にあり、夜も安全そう。そして、なんと言っても広い!! 1LDK、50平米です。リビングとDKは引き戸で区切られていますが、外して1部屋にすることが可能。12帖ほどのスペースになります。

築年数は20年ですが、水回りなどが最新型に取り換え済。3口コンロのシステムキッチンに、最新型のトイレ、独立洗面台も新品で、さらには最新型のエアコンまで付いています。お風呂は取り換えられていませんでしたが、比較的きれいで、窓付き。

また、専有スペースではないようですが、6帖くらいの庭のようなスペースがあります。

【BADポイント】
アパートのようなマンションの1階で、鍵のついていない門を開けて誰でも庭のようなスペースに入れてしまうので、防犯面が心配。

あと、なぜか周りに緑が非常に多く、1階ならではの湿気に加えて、蚊やハエ、蛾などを中心とした虫がしょっちゅう出る出る!

そして水回り以外はリノベーションされていないため、きれいではあるもののどことなく古い印象があります(天井や扉などが昔っぽい印象)。

3部屋を見た結果、私と彼が選んだのは……3番目のお部屋! 現在、庭の雑草対策と害虫駆除を徹底的にやっています。

防犯は意外と大丈夫そうですが、同じようなお部屋に住んでいる人から「同じように庭のようなスペースがあって、そこに人が侵入していて部屋をのぞかれたことがある」と言われたので、近日中に何か対策をしようと思います。

ちなみに今日は大雨が降ったのですが、コンクリートの塀に謎の白い粒が密集していました。気持ち悪いです。あとでカビキラーでもかけまくろうかと。部屋は申し分ないんだ、部屋は。

さて次回は、ふたりの引越しにあたり気づいたことや思ったことをまとめたいと思います。お楽しみに。(鈴木 梢)

大人気!鈴木梢の「おまえの日記かよ!?笑」シリーズ

★彼氏ができたので浮かれて始めました→ 【無印良品で彼氏につくってみた】シリーズはコチラ

★そして憧れの「同棲」を考えはじめた→ 【同棲どうしよう】シリーズはコチラ

★いきなり遠恋になってしまい、同棲どころではなくなった→ 【どうする遠距離恋愛】シリーズはコチラ

★で、今ココ→ 【同棲はじめました】シリーズはコチラ

【あわせて読みたい】

※自分の部屋がパワースポットに!神さまが宿る掃除の掟とは

※広さ・間取りよりも○○!女子の5人に3人が「部屋探し」で重視することは?

※噂の女性専用不動産仲介店「MAISON ABLE」は部屋探しをしなくても本当にくつろげるのか実際に行ってみた。

※一人暮らし女性必見!お部屋探しで見逃しがちなこと4つ

※ダメ!ゼッタイ!風水的「やってはいけないNGインテリア」

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング