どの世代にもウケる「カラオケランキング」、1位はあの名曲

Woman Insight / 2015年12月31日 18時30分

忘年会&新年会シーズン、飲んだあとの二次会といえば……やっぱり「カラオケ」! 気楽な友人同士以外にも、会社の上司や取引先との“お付き合いカラオケ”も結構ありますよね~。そんなとき、みなさん何を歌っていますか? さまざまな世代が混ざっている場所で、どんな歌を選ぶべき?

(C)PIXTA

そんなギモンにお答えすべく、今回参考にしたのは株式会社ビースリー・ユナイテッドの調査。世代別の「持ち歌ランキング」や、世代間ギャップがない「盛り上がり曲ランキング」を発表します!

【世代別ランキング】

◆男性
10代 1位 天体観測(BUMP OF CHICKEN)
20代 1位 天体観測(BUMP OF CHICKEN)
30代 1位 奏(かなで)(スキマスイッチ)
40代 1位 I LOVE YOU(尾崎豊)
50代 1位 ワインレッドの心(安全地帯)

10代・20代の支持を集めた『天体観測』が二冠を達成! 15年近く前に発売された曲ですが知名度が高く、みんなで盛り上がれることから人気を集めているようです。一方、30代・40代・50代を見ると、いずれも「じっくり聴かせる系」の名曲ぞろい。年代によって、カラオケの楽しみ方も違うのかもしれませんね。

◆女性
10代 1位 Darling(西野カナ)
20代 1位 君の知らない物語(supercell)
30代 1位 ハナミズキ(一青窈)
40代 1位 ハナミズキ(一青窈)
50代 1位 糸(中島みゆき)

女性編を見ると、30代・40代で『ハナミズキ』が1位を獲得する人気ぶり。こちらも男性編の『天体観測』と同じくロングヒットして、今では誰もが知る定番曲です。美しい歌詞&メロディーでオトナ女子の心をガッチリ掴んでいますね~。50代の1位は女王・中島みゆきの名曲。10代・20代は胸キュンのラブソングが支持されていました。

こうして見ると当然のことながら、世代によって人気曲がまったく違いますよね。同年代だけのカラオケならOKですが、さまざまな年齢の人がいる場所で「世代色の強い曲」ばかり歌っているとヒンシュクを買ってしまうかも……? そこで、どの世代にも愛されているカラオケ曲のランキングをチェックしてみましょう!

【世代間ギャップがない曲ランキング】

◆男性

10位 天体観測(BUMP OF CHICKEN)
9位 栄光の架け橋(ゆず)
8位 I LOVE YOU(尾崎豊)
7位 粉雪(レミオロメン)
6位 ひまわりの約束(秦基博)
5位 チェリー(スピッツ)
4位 桜(コブクロ)
3位 桜坂(福山雅治)
2位 家族になろうよ(福山雅治)
1位 奏(かなで)(スキマスイッチ)

1位はスキマスイッチの『奏(かなで)』。先ほどの世代別ランキングでは、1位を獲得したのは30代のみ。しかし10代~40代でTOP5入り。どの世代からもまんべんなく人気を集めていました。ちなみに10代・20代で1位だった『天体観測』は、30代でも2位を獲得したものの、他の世代から支持を集められず、こちらでは10位という結果に。

その他、注目はTOP3に2曲もランクインしていた福山雅治。ドラマやCMでおなじみの曲が多く、ファンでなくとも知っている曲も多いため、カラオケでは定番と言えそうです。

◆女性
10位 雪の華(中島美嘉)
9位 ありがとう(いきものがかり)
8位 Darling(西野カナ)
7位 糸(中島みゆき)
6位 愛のうた(倖田來未)
5位 Story(AI)
4位 三日月(絢香)
3位 残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)
2位 にじいろ(絢香)
1位 ハナミズキ(一青窈)

女性編の1位は堂々の『ハナミズキ』。10代~50代と、すべての世代でTOP10に入っており、もはや伝説の「盛り上がり曲」といっても過言ではありません! 一方、2位の『にじいろ』は、世代別ランキングで1位は無かったものの、10代で3位、20代で4位、30代で5位と比較的若い世代から票を集めて総合2位に。そして3位の『残酷な天使のテーゼ』は20代~40代でTOP5入り。オトナ女子から根強い人気で3位となりました。

TOP10を見ると、やっぱり誰もが知っている名曲がずらりと並んでいますよね~。これを参考に一度、自分のレパートリーを確認してみませんか? さまざまな世代が一緒に盛り上がれると最高ですよね! (えんどうまゆみ)

情報提供元:株式会社ビースリー・ユナイテッド

【あわせて読みたい】

20代女子の最新カラオケ人気曲!誰と行くかで、こんなに違う!

※年末年始の飲み会、6回行くと太るって本当!? 

※この上司に一生ついていきたい。そう思った瞬間エピソード4つ

※働く女子が出世できない理由、2位は「前例がない」1位は「上司が●●だから」

※【早く帰る研究会】正直どうしてる?仕事の飲み会から早く帰りたいときのテクニック公開

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング