長瀬智也と桐谷健太、神木隆之介は「かわいい変態」

Woman Insight / 2016年6月25日 15時0分


6月25日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』の初日舞台挨拶が行われ、TOKIOの長瀬智也さん、神木隆之介さん、尾野真千子さん、森川葵さん、桐谷健太さん、清野菜名さん、古舘寛治さん、皆川猿時さん、宮藤官九郎監督が登壇。鬼のお面を着けた観客と地獄絵図の撮影会を実施しました。


本作は、普通の高校生・大助(神木隆之介)が、不慮の事故により地獄に送られた。地獄でロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いる地獄農業高校軽音部顧問の赤鬼・キラーK(長瀬智也)の話しによると「えんま様の裁きにより現世に転生するチャンスがある」という。愛するひろ美ちゃん(森川葵)に再び会うために、大助の地獄めぐりが始まる……。というあらすじ。


長瀬さんは「撮影が1年前で本当に観てもらえることが嬉しく思っています。素晴らしいキャスト・スタッフじゃないと表現できなかった作品だと思っています。2回3回と観てもらえたら、新たな発見や感情が見れるんじゃないかと思います。是非とも、もっともっと分析していただけらたらと思います」と挨拶。神木さんは、昨日のテレビ朝日の音楽番組「ミュージックステーション」にて行ったライブの興奮がまだ冷めないようで、「地獄のライブからドキドキがとまらない」と興奮気味に語り、桐谷さんは映画の中では鬼のメイクだったので「(今日は)生まれたまんまの姿です」と短いながらも会場の笑いを誘うのは絶妙な挨拶でした。


司会より「この中で鬼だと思う人は?」の質問に桐谷さんは神木さんを指さし「ケータリングのカレーで、普通のごはん1杯にティースプーン1杯分のカレールーしかかけない。変態。変態鬼」と意外なエピソードを告白。理由は「ごはんにちょっと塗る。ついている?のが好き」だからだそうです。


また、長瀬さんも「隆ですね」と神木さんをあげました。本作の神木さんの役は縛って吊るされるシーンが多く、気遣うスタッフに「大丈夫です」とさわやかな笑顔を向けていたそうです。「最後は快感を覚えたような……」と言う長瀬さんに「覚えていないです!」と反論する神木さん。


その姿が面白かったのか、長瀬さんと桐谷さんは「かわいい“変態の鬼”。みんなから、キャーキャー言われる、“変態の鬼”。そんな隆が大好き」とからかう姿で会場を沸かせました。

本作は輪廻転生がテーマ。「輪廻転生するなら?」の質問に長瀬さんは、「監督になってみたい。15,6年一緒に仕事をしていて、客観的に自分を見れそう。知らない自分を知っていそう」と言うと、監督が「俺になったら腰痛いし。いっぱい辛いとこある。ため息ばっかりついているし」と身体的な発言に笑いをこらえる長瀬さんでした。


一方、神木さんは長瀬さんになりたいそうです。「近くでギターを弾いている姿を見て、『これだけ自由にギターが弾けるのは気持ちよさそう』とまじかで思っていたので」と尊敬の眼差しを長瀬さんに向けると、ちょっと照れた長瀬さんでした。


最後に監督から「この映画は“地獄”を舞台にしているので仏教映画です。仏教映画なので2度3度見ていただくことで“得”を積むことができます。是非、お布施だと思ってみていただきたいです」と最後まで笑いいっぱいの楽しい舞台挨拶は終了しました。
宮藤監督と豪華キャストが贈る世界初!超絶地獄コメディ映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』は、全国公開中です。(平山正子)

【あわせて読みたい】

※いったい何が?神木隆之介「地獄に揉まれた感じ(笑)」

※神木隆之介、「長瀬君は、本当にお世話になったリーダー」

※【続報】長瀬智也「ホントに嫉妬する」。新作映画への思いを熱弁

※門脇麦、主演映画で「私情まで全部持ち込んで…」【インタビュー前編】

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング