「すいません」「すみません」どっちが正しい?使用率は半々だけど…

Woman Insight / 2017年10月22日 6時25分

漢字クイズをはじめとして、様々なクイズを出題してきました。
意外と読めない」シリーズでは、「匿う」「続柄」「漲る」「戦ぐ」「間髪をいれず」「偶々」「態々」「祝言」「健か」「湯湯婆」「不束」「長閑」といった、読めそうなのに読めない漢字を出題してきましたが、今回は漢字ではなく、みんながよく使うあの言葉の問題!

申し訳ないことをした時などに使う「すいません」と「すみません」。

さて、どっちが正しいと思いますか?

■すいません、すみません、どっちを使ってる?

「すいません」派 53%

「すみません」派 47%

なんと、ほぼほぼ互角の戦いとなりました!

実は、話し言葉としてはどちらもよく使われるために、間違いではないんです。辞書にも「俗語」としてどちらも載っている場合があります。

が、もともとはどちらか一方が正解! よーく意味を考えてみてくださいね。

『そんなことをしてただで「すむ」かな……』。

ほら、もうわかりましたよね!

正解はこちら!

「すみません」が正解でした!

辞書にはこのように載っています。

[連語]《動詞「す(済)む」の連用形+丁寧の助動詞「ます」の未然形+打消しの助動詞「ん」》「すまない」の丁寧語。相手に謝罪・感謝・依頼などをするときに用いる。「連絡が遅れて―」「お見舞いをいただいて―でした」「―が本を貸してください」

“すみ‐ませ‐ん【済みません】”, デジタル大辞泉, JapanKnowledge, http://japanknowledge.com, (参照 2017-10-20)

「すむ」の打消しで「すまない」。「すまない」の丁寧語で「すみません」、ということですね!

メールなどの文章で謝罪するときに、間違えてさらに相手を怒らせないよう、きちんと「すみません」と書きたいですね。

いかがでしたか?

漢字シリーズをはじめ、雑学クイズはまだまだ続きます。お楽しみに!

★もっとチャレンジ!雑学クイズ

撮影/野口マサヒロ ヘア&メイク/コンイルミ(ROI) モデル/南雲穂波

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング