着やせで差がつく!通勤アイテムの体型カバー着こなし術

Woman Insight / 2014年1月5日 20時0分

今季のトレンドは、変形したデザインよりもベーシックなものが多いですね。この傾向はこれからも続きそう。ベーシックアイテムの良さは、着回せたり長く着られることですが、形がシンプルゆえに、体型がそのまま出てしまうという欠点も。

『Oggi』2014年2月号に、きゃしゃに見せるコーデテクニックを発見! ファッションはディテールが肝心。おしゃれに見えるのも、やせて見えるのも、本当にちょっとしたことで差がついてしまうんです。やるとやらないでは大違いなので、今すぐ実践してみましょう!

1:きちんとしたジャケットは縦長ラインを作る

ガタイよく見えがちなジャケットは、インでIラインを強調するのが重要。おすすめのインナーはチェックシャツ。シャツの襟をジャケットから出して高さを強調し、フロントは開けてチェックでIラインを強調します。もちろん白シャツでもOKですが、チェックは目立つのでポイントになりやすく縦長効果がアップします。

2:丸首カーディガンはボタンの留め方を工夫する

詰まった首元がトレンドの今年、ついつい上までボタンを閉めてしまいがち。『Oggi』の提案は、ボタンをおへそ上くらいの位置だけ留めるテクニック。腰の位置が高く見えて、インをチラ見せする抜け感で、カーディガンの面積の広さをごまかします。

3:かぶりトップスはメリハリのある配色にする

かぶりトップス(プルオーバー)はガバっと着るだけで体型をごまかしてくれるアイテム。さらにきゃしゃに見えるテクニックは、ボトムを同系色にせず、パキッと上下の色みを変えること。

4:流行りのタイトスカートはゆったりトップスと

長めタイトスカートは今年の大トレンドアイテム。気になるのは下半身ですが、トップスにゆったりニットなどを持ってくれば、タイトな下半身をやせて見せる効果あり。上下ピッタリだと、むちむち感が強調されてしまいます。

どれもちょっと意識すれば、手持ちのアイテムで簡単にできることばかり。軽い気持ちで試してみる価値ありですよ!(安藤美琴)

 

(『Oggi』2014年2月号)

【あわせて読みたい】

※出産後の体型崩れにも!細見せヒップ隠し技3つ

※「Domani」スタイリスト直伝。トレンド服の着やせ術、一挙公開!

※体型をごまかしたい!着こなしで3kgもやせて見せるワザ

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング