黒、ネイビー、グレーなど「ベーシックカラー+春色」で季節先取り!

Woman Insight / 2014年2月3日 11時0分

見ているだけで心躍るのが「春服」。外の気温はまだまだ寒いけれど、少しずつ春要素を取り入れたくなりますよね。そんな方におすすめしたいのが、冬に大活躍したベーシックカラーと、春に着たいトレンドカラーの組み合わせ。『Domani』3月号にならって、一足先に春、楽しみはじめませんか?

【1】大人の恋に効く、黒×シュガーピンク

シックな黒に、甘く優しいシュガーピンク。恋のムードを色で楽しむなら、潔くこの2色のコーディネートが吉。「ピンクとか、甘い色はあんまり着方がわかりません……」という方も、実は淡いピンクなら白に近い色なので、モノトーンのような感覚で着られるんです。それも難しいときは、服は黒のワンピースなどにして小物を春色ピンクに統一し、お守り感覚で身につけるとおしゃれです。

【2】リフレッシュしたい日に、ブラウン×水色

大地の香りがするブラウンと、澄んだ空や海がイメージの水色は、自然界の配色。忙しい仕事が続く日に取り入れると、自然の中を旅してリフレッシュしたような気分に。ブラウンニット×空色スエットパンツ、ブラウンパーカ×水色スカート、水色スエット×ブラウンのゼブラ柄スカートなど。つなぎの小物には白を持ってくるとGoodです。

【3】大人の女の格を上げる、ネイビー×ラベンダー

冬のトレンドカラーである知的ネイビーと、古来より高貴な色とされてきたパープルを組み合わせると、ハッとするほど美しい! しかも、実はラベンダー色は、黒よりもネイビーとのほうがなじみがいいんです。ちなみに、くすんだラベンダー色を合わせると、少しボーイッシュな印象にすることも可能です。

【4】ポジティブ気分になれる、グレー×シトラスイエロー

冬の街にとけこみ、日々大活躍のグレー。フレッシュなイエローと組み合わせると、とたんに春らしい印象にチェンジできます。どちらも優しい色合いなので、小物にはパンチを効かせるのがおすすめ。グレーの延長であり、春のトレンド色でもあるシルバーの小物や、インパクトあるビジューネックレス、カラーサングラスなどがオススメ。

気温の上下が激しい今日この頃。「今日はちょっと春っぽい日かも!」と思った日には特に、是非ベーシックカラー×春色のコーディネートにトライしてみてくださいね。(後藤香織)


(『Domani』2014年3月号)

【あわせて読みたい】

※大人ピンクが可愛い!この春、絶対参考にしたい着こなし方

※パリコレSNAPがヒント!2014年春のファッショントレンドキーワード

※2014年春のトレンド「ピンク」の正解メイクを2大人気ブランドPRが紹介

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング