サンリオ展示会にて、キティさんの働きっぷりを目の当たりにした

Woman Insight / 2014年2月5日 20時0分

サンリオが年に2回、東京と大阪で開催する商品展示会「SANRIO EXPO」。取引先、報道関係、招待者限定のビジネス向けにも関わらず、なんと9,000人もの来場があるという人気イベントにお邪魔してきました!

 

今回訪問したきっかけは、「クリィミーマミ×ハローキティ」のコラボが決定したと聞いて! どんな商品が発売になるかは未定だそうですが、キティちゃんのトレードマークである赤いリボンを着用したマミとキティちゃんの絵柄が完成していました。これは胸熱です。

中に入ってまず目についたのは、ハローキティ40周年に関する取り組みのおひろめ。グッズも豊富で、かぶるだけで即キティちゃんになれる麦わら帽子に、目が釘付けになりました。ハローキティ40周年記念オフィシャルソング『ハロー』のジャケットでSMAPが着用した、あの衣装の展示も。

そして今回一番驚いたのは、ハローキティさんの働きっぷり。この展示会では、実際に商品化されたものやキャンペーンの実例が見られるのですが、一般消費者向けの全業種を網羅しているのでは?と思ってしまうほどの、驚きのジャンルの広さです。いろいろコラボしていることは予想していましたが、まさかここまでとは…。写真に収めてきたのは、ほんの一部です。


さらに、こんなこともできます!という販促・プロモーション実例として、キャラクターまんや焼き菓子の提案も。

ハローキティ以外のキャラクターもたくさん展示されていました! いくつか気になるものをピックアップしてご紹介します。

全20キャラクターが参加した『食べキャラ総選挙』にて、堂々1位となってメジャーデビューを果たした「KIRIMIちゃん」のグッズもありました。おそらくシャケであろうKIRIMIちゃん、なかなか気になります。

リトルツインスターズ(キキララ)をクリスチャン・ラッセンが描いた!? ラッセンさん、意外と器用なんですね……!

小説『謎解きはディナーのあとで』の表紙を描いた中村佑介さんが表現した、リトルツインスターズ(キキララ)。完全に中村さんの世界なのに、キキララがきちんと解釈されている! さすがアーティストです。


サンプルとして作ってみたというキャラクター家電。こちらは本当に使えるように作られているそうで、試作に1台100万円以上かかっているとか。

他社キャラクターをサンリオらしく表現した商品も作っているそう。エヴァンゲリオンのグッズは数あれど、こんなに愛らしいのは新しいですね。

レセプションでは、キティちゃんドリンクやスイーツもふるまわれました。

広い広い会場に、サンリオワールドが詰め込まれた「SANRIO EXPO」。これから発売される商品、話題のコラボ商品、イベントや企画の予定などが圧巻で、芸能人も個人的に遊びに来るのもうなずけます。次回は、もう少し見る時間に余裕を持ってレポートしてきます!(安念美和子)

【あわせて読みたい】

※「ミキモト×ハローキティ」のジュエリーがキュートすぎ!…約2770万円で購入可能

※実は史上初!キティとマイメロ共演が実現!ユニクロ「UT」

※アンディ・ウォーホル展いよいよ開催!グッズのかわいさも大興奮

※【速報】ハローキティさん、3000万円の女になる

※2014年バレンタイン「進撃の巨人」の痛チョコに挑戦してみた【作り方付き】

 

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング