スマホが原因!?縦&下向きの「不幸ジワ」を消す方法

Woman Insight / 2014年2月11日 11時0分

顔のシワは、見た目年齢を大きく左右しています。でもこのシワ、老化だけが原因というわけではありません。日ごろのスマホが原因しているとあれば、若い世代でも無視できない問題です!

『Precious』3月号によると、シワには、横向き&上向きの“幸福ジワ”と、縦向き&下向きの“不幸ジワ”の2種類あり、増やさず消したいのは後者。試しに、40歳後半をイメージしてCGでシワを足したモデルさんの顔をご覧ください。

すべてのシワが必ずしも美しさを損なうわけではないものの、老けを目立たせるのは、やはり下向きの“不幸ジワ”。さらに、「顔型」と「表情のクセ」で“なりやすいシワ”も知っておくと、今どんなケアが必要かがわかってくると言います。

【顔型1】幅広顔・切れ長細目……「額」にシワができやすい

【顔型2】面長・目が大きい人……「目の下と目尻」に注意

【顔型3】あごがとがっている・たれ目……「ほうれい線」と「マリオネットライン」がくっきり

<表情のクセ>
●「頬づえ」→ 手を頬にあててひじをつくことで、持ち上がった皮膚が目尻でシワに。

●「老眼」→ 眼鏡をかけないと小さい文字が見にくいので目に力が入り、眉間にシワが!

●「目を見開く」→ 鏡の前で上目使いに目をぱっちりと見開いてみてください。若い頃に比べると額にしわが複数本できていませんか?

●「下向き顔」→ スマホやタブレットの画面を見る角度にも注意。頬に重力がかかると、ほうれい線が深くなります。

「表情のクセ」で気になったのが「下向き顔」。そういえば以前、『美的』の兵庫編集長にインタビューした際、25~35歳の肌悩みで「ほうれい線が気になる」という声が非常に多かった話がありましたが、スマホの普及が「ほうれい線問題」を若年化させているのかもしれません。

そのときの記事はコチラ→ 美的編集長が語る!「2013年、読者の肌悩みが深刻化。20代から“ほうれい線”が気になる」

深刻なシワ問題。悩みに合わせたコスメを使うのはもちろん、それぞれのシワに最も効果的な“つけ方”があります。

■「眉間と額」を集中ケア!

苦労と不満の象徴とも言える眉間のシワは、なんとしてでも消し去りたいもの。何十年もかけてできたシワは対策は、とにかく根気よくケアを。シワ消しコスメ(マックス ファクター SK-Ⅱ リンクル スペシャリスト 25g ¥14,175<編集部調べ>など)を塗ったら、縦のシワは横に、横のシワは縦にぐっとのばす、これがポイントです。

■「目尻のシワ」を徹底阻止!

縦ジワに無縁の目周りですが、シワ以外にも、くすみ、乾燥、たるみ……と、トラブルの多発地帯。狭い部位ながらすべてをフォローするためには、アイケア製品(パルファン・クリスチャン・ディオール カプチュール XP アイクリーム 15ml ¥7,875など)を目もと全体に塗った上から、前述の眉間・額用のシワ消しコスメを重ねづけする、というのも効果的。目周りのシワは溝を開いてのばして、製品を塗るのがおすすめ。

■「ほうれい線」と「マリオネットライン」消滅作戦!

年齢を重ねたほうれい線は、表情ジワではなく、たるみジワ。ほうれい線までずれ落ちた頬の皮膚を定位置に戻すケアと、これ以上たるませないケアを同時に始める必要が。また、口の両脇からあごの横にかけてできるマリオネットラインは、ほうれい線の内側の肌のたるみが原因。つまり顔の下半分すべてのたるみケアをすれば、ほうれい線もマリオネットラインも薄くなる、というわけです。

ほうれい線のシワ部分だけではなく、落ちてきた頬全体と、頬を下に引っ張る輪郭部分にたるみに効くコスメ(ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ R.C. クリーム 49.75g ¥33,600など)を塗り、両頬を手のひらで包んで、頬全体を上に引き上げるようにケアするのがコツ。肌にしわが寄らないように注意して行いましょう。

シワの原因は老化だけではありません。シワができやすい表情のクセが慢性化していると、シワのせいで、同じ年の友達よりも老けて見える……なんてこともありえます。私もまず“下向きでスマホ”、このクセをやめなければ!(さとうのりこ)

(『Precious』2014年3月号)

【あわせて読みたい】

※40代女性が選んだベストコスメは「くすみ」や「疲れ顔」の悩みを解決!

※白髪、薄毛に悩まされない「美しい黒髪」を作る4つの秘密

※横顔くずれ改善!日常生活で習慣にすべき7つの約束

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング