CanCamモデル久松郁実、祝18歳!「イマドキ」「三愛」と激動の17歳を振り返る

Woman Insight / 2014年2月18日 19時0分

『CanCam』専属モデルをはじめ、めざましテレビの『イマドキ』ガール、そして木下優樹菜さんや菜々緒さんを輩出してきた「三愛水着イメージガール」に選ばれるなど、幅広く活躍する久松郁実さん。そんな久松さんが、2月18日で18歳の誕生日を迎えます。久松さんの誕生日記念インタビューを、これから4回に渡りお伝えします!

Woman Insight編集部(以下、WI) お誕生日おめでとうございます! 改めて17歳を振り返ると、どんな1年でしたか?

久松郁実さん(以下、久松) 大きな変化がいっぱいあった年でした。今まではモデル一本で来たんですが、めざましテレビの『イマドキ』ガールになり、そこからさまざまな仕事をするようになりました。『イマドキ』を始めて、しゃべり方やリアクションも学んで、いろんなことができるようになりました。三愛のイメージガールのオーディションのときも、しゃべり方も見られるポイントだったので、『イマドキ』が活きたな、やってて良かったな、と思いました。

WI 「三愛」のイメージガールに選ばれたことは、大きなことでしたね。

久松 本当に! 今まで水着も下着もやったことがなかったので、「水着なんて見せられない!」と自分の中でNGを出していたんです。周囲からももう少しやせたほうがいいと言われていたこともあり、「そんなの無理だよ恥ずかしいよ」と……。でも考えたら、いい挑戦にもなるし、受けてみようかな、と思い立って受けました。

WI 審査はどんな感じでしたか?

久松 書類を通過して第1次審査に行ったら、本当に華奢ないまどきの体型の子ばっかりで、「やっぱり無理だよ~」って思いながら(笑)、自分の今できることを全部出し切りました。去年は1回のオーディションでイメージガールが決まったんですが、今年は2次まであって、最後まで接戦だったらしいです。そんな中で選んでもらって、本当にびっくりしました。選ばれたって聞いたときに、「うそだー、どっきりじゃないの!?」って(笑)。

WI ということは、最後まであまり自信がなかったんですか?

久松 ……ちょっとはありました(笑)。審査員の方の反応を見て「もしかしたらいけるかも?」と。

WI 水着での仕事も始まりつつありますが、いかがですか?

久松 グアムに撮影に行ったときは、水着の撮影自体はじめてで、洋服とは全然ポーズが違って、難しかったです。あと、今年のイチオシ水着は「フレアートップ」という、トップにボリュームがあるものなんですが、撮影のときは風も強く、フレアー部分がめくれてしまい、撮るのが大変でした(笑)。しかも台風が来ていて海の色もなかなかきれいに出なくて、毎日撮影していましたね……。

WI 台風! それは撮影が難航しそうですね。

久松 しかも、当初2泊3日予定だったのが5泊6日になって。出発するときは日本に台風が来ていたので飛行機が飛ばなくて、成田空港のベンチで寝た思い出も……! 帰りの日程が伸びたので高校の文化祭に行けなくなったり、いろいろありました。

WI 最後の文化祭に行けなかったのは悲しいですね……。仕事と学校の両立は大変ではなかったですか?

久松 大変でした。最初のほうは普通に学校に行っていたんですが、最後のほうはあまり行けていませんでした。でも、体育コースに通っていたこともあり、ノリが体育会系でサバサバしていて、いざこざもなく楽しい生活が送れました!

WI 体育コースに通ってたんですか!

久松 そうです。1日に1時間、多いときは2時間体育の授業があるんです。週に7回くらいかな? ちょっとドッジボールをやってもみんなガチで強かったので楽しかったです! 本当にこの高校に通ってよかったな、と思います。卒業、さびしいですね。

雑誌にテレビにイメージガールに、多岐に渡る活動を続ける久松さん。3月でようやく高校卒業してお仕事1本に……と思いきや、なんと4月からは大学に進学するとのこと。
次回は「これから」の話。18歳の目標について聞きます。(後藤香織)

【久松郁実さんの「三愛水着イメージガール」レポートはコチラ】

前編→ 2014年三愛水着イメージガールがCanCamモデル久松郁実に決定!

後編→ 久松郁実が選ばれた理由は2014年春夏の水着トレンドにあった!

【あわせて読みたい】

※CanCamモデルのおうち美容を一挙紹介!全身鏡にヘルシーフード、ラジオ体操!?

※今、なりたい顔No.1、森絵梨佳の顔になれる4つのメイク法!

※CanCam編集長が仕掛ける!2014年は「黒髪美少女」と「フレトー女子」の時代!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング