お風呂用クッションが『美的』付録に!その実力を試してみた

Woman Insight / 2014年2月23日 16時30分

よく「お風呂でリラックスするときは、頭の下にクッションなどをしいて……」という一文を見かけるのですが、お風呂用クッションってなんだか高そう、というイメージありませんか?
さて、2月22日発売の『美的』4月号では、なんとそのお風呂用クッション、「お風呂でらくらくマクラ」が付録についてくるんです!

先月の毒出しかっさブラシといい、「これを付録にしてしまっていいんだろうか……太っ腹……!」という付録を連発してくる『美的』。というわけで、今回もWoman Insight編集部がその実力を試してみました。

パッケージから取り出すとこんな感じで空気が抜けた状態で入っています。風船さえもふくらませるのが苦手な編集部スタッフは一瞬怖気づきますが、意を決して空気を入れてみると、10秒くらいでふくらませることができました。

勢いあまってパンパンにふくらませてしまいたくなりますが、入れる空気はこのくらい、90%程度にしておくのが理想とのこと。空気を入れすぎないことで、押し当てるパーツによりフィットして、心地よく使えます。

というわけで、お風呂で実際に使ってみました!(※実際に入っているときの写真は少々セクシーになってしまったので、写真は再現でお許しください)

お風呂のふちに置いて、首の後ろにフィットさせて使います。頭を後方にそらして使うとよりGOOD。

気持ちいい!

デスクワークなどで慢性的なうつむき姿勢をとると、首の自然なアーチが失われ、まっすぐな“ストレートネック”になってしまうそう。これを放置すると、前のめりに出た頭を支えるために、首や腰まわりの筋肉が緊張し、肩こりや腰痛につながってしまう……。このクッションを使うことで、それを防ぐこともできます。

首の後ろに置くだけでなく、他にはこんな使い方もアリです。

◆けんこう骨を使って猫背解消!

けんこう骨でクッションをはさむような位置に置き、そのまま肩を開いてけんこう骨をぐーんと伸ばすと、背骨が中に入って猫背解消にも! 姿勢が整い、こりが和らぎます。

◆エクササイズアイテムとしても!

湯船に沈めると浮力がかかるので、それを脚で押し沈めたり、エクササイズアイテムとしても使えるんです! これは効きます。もちろん濡れてもOKなので、惜しみなく使いましょう。

うーん、果たして一石何鳥になってくれるんでしょう、このアイテム。これはお風呂でのリラックスタイムに大活躍してくれそうです。しかし『美的』4月号のお値段は620円。下手すると普通にお風呂用クッションを買うよりも安いのではないでしょうか……。進化し続ける付録界、恐るべしです。(後藤香織)


(『美的』2014年4月号)

【あわせて読みたい】

※20分以上の入浴は逆に乾燥する!健康&美容を呼び込む正しい入浴方法8つ

※○○で効果倍増!身体ぽかぽかになる正しい半身浴のやり方

※真冬の保湿入浴の方法~ゆったり45分のお風呂は最高のスパ編~

※「抜群の毒出し効果」と評判の『美的』付録「かっさブラシ」を使ってみた。

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング