イマドキ女子の、男友達と彼氏の境界線って?

Woman Insight / 2014年3月5日 21時30分

突然ですが、皆さんの「男友達と彼氏(候補)の境界線」って、何ですか? 一見好きになるかならないかの境のようですが、好きじゃなくてもつきあえる、なんていう人もいるもの。

今回さまざまな方から、男友達と彼氏候補となる人の違いを聞いてみたところ、予想以上に多種多様な意見が出てきました!

■恋愛相談、乗れるか乗れないか問題

「恋愛相談にのって『学習しなよ』とか『あの子ならいいじゃない』とか普通に彼のためにアドバイスできるのは男友達。相談されて複雑な思いを抱いたら、その人は恋人候補というか、恋愛感情あるかもなーって思っちゃいます」(20代・会社員)

複雑な女心ですね……。よく歌の中にも登場するようなシチュエーションです。「彼には幸せになってほしい……でも私と幸せになってほしい……!」という感じですね。切ない!

■「私だけを見て!」と思うか否か

「『独占欲の有無』かなあって思います。男友達とでも体の関係を持っちゃう人はいるけど、だからと言って独占欲を持つとは限らない。逆に体の関係はなくても、無意識にでも自分をもっと見てほしい、他の女の人を見ないでほしいと思ったら、それは恋人候補なのだと思います」(20代・学生)

結局セックスの有無でしょ! という意見もありますが、そこで複雑なのが女心。他に出た意見では「もう一度体の関係を持ちたいと思ったら恋」というものもありました。

■一目惚れ主義以外は恋じゃない!?

「初めて会ったときにときめくかどうか! 最初にときめかなかったら一生彼氏にできません」(30代・会社員)

これははっきりしてますね! 確かにはっきり境界線を決めておくのは手かもしれません。この場合は、アリかナシかの2択のみというパターン。

■大人になると曖昧になる、恋人の境界線

「学生じゃなくなると彼氏彼女って宣言しないことが多くなってくるので、友達に彼女として紹介されるとか、相手の部屋の合鍵をもらうとか、明確な彼女扱いをされると境界線を越えたと感じますね。自分で決めるというより、環境で決まってくるというか」(20代・会社員)

大人ならでは! 確かにドラマや映画を見ていても、学生の恋では「つきあってください」といったはっきりとした言葉が出るものですが、大人の恋はなかなか明確な境界線がない場合もありますね。受け身に判断するとなると、こういうところかもしれません。

■家族親戚に紹介できるかどうか

「家族親戚に紹介できるかどうか。男友達をわざわざ紹介したりしないので」(20代・自営業)

これは、確かに! と思いました。大勢でもない限り、わざわざ紹介する機会なんてないですもんね。

■全部さらけ出せるのが恋人……とは限らない

「私は見栄っ張りなので、恋人には情けないところは見せられないんです。だから境界線は、情けないところを見せられるかどうかですね。友達ならどう思われようとあまり気にしないので、わりと何でもさらけ出せちゃいます(笑)」(20代・会社員)

すべてさらけ出して安心できるのが彼氏、という人も多いとは思いますが、そうではない場合もあるということ。

正直「やっぱりセックスできるかどうかかな……」なんて思いながらさまざまな人に聞き始めましたが、意外にもいろんな境界線が出てきました。

これまでの経験や性格によって、ここが境界線! というのもまったく異なってくるものですね。(鈴木 梢)

【あわせて読みたい】

※丸の内が『Oggi』に染まった!春のファションキャンペーン

※CAと言えば今や…サイバーエージェント女子がモテる理由

※男の子100人に大調査!こんな「ニオイ」の女の子がモテる

※縛ることで高まる愛、“緊縛”について知ってますか?

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング