中林美和、モデルの世界の苦労を語る「努力でぎりぎりしがみついてる」

Woman Insight / 2014年3月8日 18時0分

モデルの中林美和さんの誕生日インタビュー、今回は35歳の目標編です。モデルの仕事についての想いや、すでに素敵な40代になるための意識を持っていることなど、幅広く語っていただきました。

前回の記事はコチラ→ モデル中林美和、35歳に!「下の子も9歳になり余裕が出てきた」

Woman Insight編集部(以下、WI) 35歳、「こうありたい」という像はありますか?

中林美和さん(以下、美和) 前からずっとそうですが、変わらずに常に向上心を持っていたいと思っています。先月より今月、今月より来月と、もっといい自分になって、いいお仕事をして、きちんと結果を残していきたい。モデルの仕事を始めて17〜8年。ちょうど人生の半分くらいモデルをやっているのですが、正直こんなに長く続けられると思っていなかったので……本当にありがたいな、幸せだな、と思っています。

WI 長く続けられると思っていなかったなんて! 意外です。

美和 私の場合ずっとコンスタントに仕事があったわけでもなく、いいときもよくないときも知っているので、尚更ですね。1回仕事がほとんどなくなったときもあって、だからこそ続けることの難しさが身にしみてわかるので、頑張れているということもあると思います。やっぱり続けていくことがすごく難しい、大変な世界だと思っています。私もぎりぎりしがみついている感じです(笑)。

WI 『SAKURA』のメインモデルである美和さんでも!

美和 それはモデルを始めたときからずっとそうですね。この世代だと、もうあとは減っていくだけ。昔なら若さと勢いだけでやれていたけど、今は体型維持もそうだし、自分の引き出しを増やしたり、努力をしていないと残ってはいられない。もともとはつらいことが苦手で、努力もあんまり好きじゃなかったんですけど(笑)、やっぱり楽しくいるためには努力することが必要。楽しむためにがんばっていきたいな、と思います。そして、表現することも、みんなで何かを作ることもすごく好きなので、これからもモデルとしてやっていきたい。

WI 35歳、何か「こんなことをやりたい!」というものはありますか?

美和 素敵な40代に向けての準備です。40代がもうすぐそこに見えているので、素敵な40代になるためには、今からが体型維持へのさらなる努力をはじめ、さまざまなことの準備段階かな、と思うんです。

WI どんな40代になりたい、という像はありますか?

美和 私の周りの40代女性ってとにかく素敵な人が多くて! 酸いも甘いもわかっていて、自分の好きなことを楽しんで、いきいき、キラキラしている。そんな感じの、周りに元気を与えられて、憧れられる40代の素敵な女性になりたいな、と思います。

「努力すると、その先に楽しいことが待っている」と語る美和さん。ついついなまけがちな日々に喝を入れられて、がんばろう、と思える方も多いのではないでしょうか?
さて、次回は気になる春のファッションや今やりたいことなど、プライベートについてうかがいます。(後藤香織)

【あわせて読みたい】

※華やかそうで実は極貧?ファッション業界で働く女子の貧困問題

※「モデルの世界は残酷」葛岡碧が激動の20代を振り返る

※スタイリストの仕事に密着!華やかさの陰では結構キツイ!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング