1日5分で即効果!「笑顔力UPトレーニング」で印象美人に

Woman Insight / 2014年3月17日 17時0分

第一印象を左右するのは、やっぱり「顔」。けれど、決して“美人だから良い”というわけではありません。誰からも愛されるためには“感じのいい笑顔”が大切!

『Oggi』4月号では、印象評論家・インプレッショントレーナ(R)の重田みゆきさんのレクチャーで、新人モデルの奈々美さんが“笑顔グセ”の矯正を体験。たった1時間のトレーニング&レクチャーなのに、驚くほどの効果です!

奈々美さんは、左頬に“こわばり”があり、ちょっと引きつったような笑顔だったのですが、トレーニング後は左目もしっかり開いて、ほぼ左右対称の美しい笑顔に生まれ変わっています。

しっかり笑っているつもりで写真を撮ったのに、後で見たら「あれ、私あまり笑えてないカモ」なんてこと、ありませんか? この笑顔力UPのトレーニング、「簡単そうなのに意外とできない」という動きがある人は、1日5分できっと効果を実感できるはず!

【ステップ 1】「口」で笑う

1.[3分]唇を合わせて突き出し、勢いよく息を吐きながら唇を“ブルブル”震わせる! 出来なければ次のステップへ。
2.[20回]鼻の下を両手の人差し指で押さえて、両手一緒に左右に動かす。しっかり強めがポイント。
3.[10回]人さし指と中指で左右の口角を押さえ、上下に大きく動かす。上げるときは口角を上げるよう意識を。
4.[10回]親指以外の4本であごを押さえ、下唇を歯茎からはがすイメージで上下にマッサージ。
5.仕上げ&確認。両手であごを持ち上げながら、再度、1の動作を。最初はできなかった人も“ブルブル”しやすくなっているはず!

【ステップ 2】「頬」で笑う

1.[頬が熱くなるまで]頬の一番高い場所を正面から、親指以外の4本の指で押さえ、内&外回り、上下左右に動かす。
※[100回]頬の筋肉が動かない人は、頬の真上からパッティング!
2.[10~20回]鼻の前で、鼻を挟むように合掌し、親指はあごの下に。目をパッチリ開け、口角を目尻につけるぐらいのつもりで頬の肉を引き上げる。
3.[20回]あごの下を片手で支え、上の歯だけ見せて「イ・エ」と発声。

【ステップ 3】「目」で笑う

1.[10回×5か所]親指と人さし指で眉の上下をつまみ、10回程度、左右にもみつぶす。眉頭から眉尻まで1cmずつずらして5か所繰り返す。
2.[10秒×5回]目を閉じて、目尻の横を指で押さえて外側にのばす。10秒数えて指を離すと同時に、思い切り目を見開く!

春はイベントが多く、何かと写真を撮る機会も多いので、笑顔に自信がない人は、今夜からぜひお試しを。(さとうのりこ)

(『Oggi』2014年4月号)

【あわせて読みたい】

※接客のプロに聞く、好感をもたれる「はじめまして」とは?

※男女共に好感度の高い「盛らないメイク」の方法を伝授!

※こんな「しぐさ」は運気が下がる!風水的にやってはいけない10のこと

※春顔の大本命、ふんわりまろやか「やわらかメイク」の作り方

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング