すぐ実践できる!グラビアスタイリストが教える「おっぱい盛りテク」

Woman Insight / 2014年4月30日 16時50分

これからの季節、露出が増えたり、水着になったり、うまく小さい胸のサイズを盛る方法はないものか……お悩みの方は多いのでは?

『CanCam』6月号では、グラビアアイドルを縁の下で支えるスタイリストの田中陽子さんが、この夏大活躍間違いなしの、おっぱいをきれいに盛るためのテクニックを伝授しています!

1 実際サイズよりもワンサイズ小さいカップをつけるべし!
「グラビアの撮影ではパッドを入れて盛ることはあまりしません。その代わり、実サイズよりもひとまわり小さいものを選ぶようにしています。そうすると、胸も強調されて大きく見えて◎。ブラの面積も小さいと形が綺麗です。LagunaMoonは小さな水着が豊富なのでおすすめです!」

なんと! パッドのテクニックだと思いきや、そんな技があったのですね……これは胸が大きい人も小さめにきれいに見せたいときに使えるかも?

2 パッド2枚重ねワザで盛るべし!
「胸元を強調したい人はパッドを2枚重ねするとかなり盛れますよ。なんにでも使えるレモンパッドは、併用するのにかなり重宝しています!」

2枚重ね!? 意外と不自然に見えないものなんですね……これも試しに実践してみたいもの。

★キュっと上がったバストにしたいなら
デコルテが広めな人は、カップの下に厚みが出るように重ねます。姿勢もよくなり、上向きバストに大変身!

★脇に流れたお肉を寄せたいなら
胸が小さめな人は、カップのサイドにパッドを重ねてIN! ホールド力が高く、きれいな谷間が作れちゃいます!

3 水着の下にヌーブラを仕込むべし!
「てっとり早くボリュームを作りたい人は、水着用のヌーブラがおすすめ。ブラの面積も小さく、粘着力もバツグン! ポロリする心配もなくて、安心なんです!」

水着用のヌーブラなんて便利なものがあるんですよ。これがあれば水着姿もバッチリ決まりそう!

4 アメアパ下着はエロかわ盛りできる!
「グラビアの撮影では、見た目がかわいいインポート下着や水着をよく使います。手が届きやすいブランドだと、アメリカンアパレルの下着は種類も豊富でおすすめですよ! グラビア撮影でも登場率が高めです」

服を着ていれば誤魔化せるけど……と悩んでいた方も、これらのテクニックがあれば下着でも水着でもバッチリですね!! これは心強い。ぜひお気に入りの服を素敵に着こなして、これからの季節を楽しみましょう!(鈴木 梢)

(『CanCam』2014年6月号)

【あわせて読みたい】

※正しい手洗い法は?面積のわりに高い理由は?下着に関する豆知識

※ランジェリーコンシェルジュが伝授!バストアップブラの選び方3つ

※おしゃれな体づくりに欠かせない“おっぱい”の作り方

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング