松島花、佐々木希…人気モデルの“美BODY”の秘訣を一挙公開!

Woman Insight / 2014年5月31日 21時0分

24時間365日付き合う自分のカラダ、好きですか?
「好き!」と言い切れる人は、なかなか多くないのではないでしょうか。
夏になるにつれて、自分のカラダと向き合い考えることも増える昨今。『Oggi』7月号にて、Oggiモデルズがカラダの磨き方について語っているのを発見しました。「魅せる」プロのモデルたちは、いったいどんなカラダ磨きをしているのでしょうか……?

【1】松島花は「我慢しない!」が絶対セオリー。

3歳からバレエをしていたことで、自然と体幹も整い筋肉も美しくついていた「バレエ貯金」がある松島花さん。ボディのために絶対しないことは「我慢」と言います。焼肉を食べに行ったら白飯は絶対で、友達とご飯に行ったら美味しい料理もお酒も存分に楽しむ。そのかわり、食べ過ぎた翌日は節制することでプラマイゼロに。トレーニングもパーソナルトレーナーをつけているものの、楽しく続けたいので疲れがたまらない月6回・1回2時間程度と決めているそう。「ストイックになりすぎると続かないので、楽しむときは楽しみ、控えるときは控える。バランスをとりながらストレスにならないよう楽しむのがマイセオリー」と語ります。

【2】佐々木希はマイペースでできる食事とウォーキングで体を作る。

ボディで気をつける最優先事項は「日焼けをしないこと」と語る希さん。ロケ撮影のときは絶対にSPF50の日焼けどめを全身に塗り、プライベートのファッションでも帽子をかぶったり肌を覆うはおりものを身につけるよう徹底しているとのこと。
体型は犬の散歩を兼ねたウォーキングに加え、食事でコントロール。自炊率がかなり高く、野菜を使った和食をよく作るそう。特に食べ過ぎた翌日は野菜たっぷり+たんぱく質メニューでデトックス。夜は極力炭水化物を抜いているそうです。

【3】LIZAはポジティブ思考で体と心の好循環を作る!

LIZAさんのキレイな体づくりの基本は、「自分の体をポジティブにとらえてあげること」。心と体はつながっているので、心が元気だと体が健やかに、そして体がキレイになると心も明るくなる……そんな好循環を保ちたい、と言います。
他にも「自分の体の好きな部分は隠さないできちんと出してあげることで、見せることに意識がいき、もっとキレイになろうって思える」など、心持ちがとにかくヘルシー!

【4】石井美絵子は続けられることを確実に続ける!

美絵子さんのボディ磨きのテーマは「続けられること」。自分のペースでやりたいときにやるのが合っているそうで、運動はジムに通うのではなく週2~3回の30分間ジョギング。さらに、お風呂から上がってドライヤーをかけながら脚を伸ばした状態で30分キープなどの「ながら」エクササイズも習慣に。加えて寝る前の腹筋30回……など、簡単だけど毎日続けられることを見つけると、少しずつ確実に体が変わっていくのを実感できる、と語ります。

特別なことよりも、毎日の着実な積み重ねが何よりも美しいカラダにつながる……ということを実感させられます。気合いを入れて頑張りすぎて3日坊主よりも、少しずつでもできることを継続、というスタンス、私も取り入れます!(後藤香織)

(『Oggi』2014年7月号)

【あわせて読みたい】

※「努力してもやせない理由は勘違い?」ダイエットの意外な事実をプロに聞く【食事編】

※押切もえが美BODYを保つための鉄板ルール3つを紹介!

※モデル・美容家に学ぶ、美味しくいっぱい食べても太らない技

※理想の体型!モデルSHIHOのカラダづくりの秘訣が話題

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング