体臭ケアの救世主!「消臭食」のすすめ

Woman Insight / 2014年6月20日 16時50分

夏になると汗をかき、ニオイも気になる季節です。

私はあまり体臭きつくないから大丈夫~なんて思っている方も要注意! 実は人間は、自分の体臭には鈍感にできているのです。これは人間が元々もっている防衛本能だと言われていて、周囲の危険なニオイを俊敏に察知するため、自分の体臭には自分では気づきにくいようにできているのだとか。「私はくさくない」と思っていても、そう思っているのは自分だけ、なんて場合もあるかもしれません。

そこで今回は、『美的』7月号の特集「私のドコからニオってるの!?」から、そもそものニオイを減らす効果のある「消臭食」と言われる食品をご紹介します。キーポイントはズバリ、「和食」です!

毛髪診断士や健康医療コーディネーターの資格を持つ、サロン・ド・リジュー代表の永本玲英子さんによると、体臭や頭皮臭に関連するのは「脂質」だそうで、脂が多いと皮脂も増え、ニオイも強くなるのだそうです。それなら脂を減らせばいいのかと言うと、実はそうではなく、脂を減らすとかえって皮膚や頭皮の健康を損ねる原因になってしまうのだとか。

「『適度かつ良質な脂』は必要です。エキストラバージンオリーブオイルやエゴマ油は体の酸化を防ぐ優秀な脂質。動物性脂肪を減らして、これらの割合を増やすと良いのでは?」と、永本さんはアドバイスしています。

これらのことを前提に、以下のような「消臭食」と呼ばれる食品を摂取していくことで、そもそものニオイを減らしていくことができます。

【抗酸化成分】
ビタミンA・C・E、カテキン、アスタキサンチンなどの「ポリフェノール類」は、皮脂の酸化を防いでくれます。マルチビタミン剤のサプリメントで効率良く摂りましょう。

【乳酸菌+オリゴ糖】
腸内環境を改善すれば、体臭を防ぐ効果も。乳酸菌やビフィズス菌と一緒に、菌のエサとなるオリゴ糖も摂ると効果的。ヨーグルトなどで快腸を!

【和食=消臭】
みそや納豆の発酵食品は、酵素や酵母、乳酸菌が豊富です。さらに根菜類で食物繊維も摂れるので、和食はトータルで見ると「消臭食」と言えます。積極的に摂って正解です。

というわけで、あれこれ摂取するのが面倒だし、何がニオイを減らしてくれるんだっけ?という忘れっぽい人なら、「とにかく和食中心の生活を心がける」だけでも効果ありです。

また、1日の中でこまめにケアをしていくことも大事。その方法に関してはコチラ→ 気になるニオイも解決!汗と体臭を減らすタイミング別ケア

「消臭食」とタイミングのよいケアで、この夏を爽やかに乗り切りましょう!(さとうのりこ)

(『美的』2014年7月号)

【あわせて読みたい】

※男の子100人に大調査!こんな「ニオイ」の女の子がモテる

※日本一の朝ごはん、東日本1位が決定!「朝フェス2014」結果速報

※トランス脂肪酸ゼロ!全米No.1の自然派ポップコーン、ついに日本上陸

※流行の「アサイー」ですが、どれだけスゴイか知ってました?

※「ニオイ対策&いい香り」商品で安心して靴脱げる!男性にモテる!布製品も爽やかに!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング