「守り」「攻め」「休み」3つのシーンで着回せる”モトとれ服”ってこういうこと!

Woman Insight / 2014年7月31日 21時0分

服を買うなら、絶対に着回せる服がいい!
でも、お店で見たときは「絶対この服は着回せる」と思ったのに、買ってみたら案外着回しがきかなかった……そんな経験ありませんか?
たっぷり着回せて、お値段以上のモトがとれる「モトとれ服」を見極めるコツは、「守り」「攻め」「休み」の3つのスタイルで着こなせるかどうかを考えること。
この3つの視点とは何か、『Oggi』9月号よりご紹介します!

今回例でご紹介するのは、写真に映っているカーキのミモレ丈スカート。ハリのある素材で、何と合わせてもきちんと感をキープができるのがポイントです。

【1】オフィスできちんと着られる「守り」の着こなし

働く女性ならまず考えたいのは「通勤シーンで好印象に着られるかどうか」。仕事服の定番「シャツ」と合わせたときに好相性で着られるスカートは、ワードローブの主力選手になってくれること間違いなし。今年スカートを買うなら最旬丈の「ミモレ丈(ひざが隠れる丈)」を選ぶと、より「今年らしい」印象のコーディネートができます。

【2】トレンドを意識する「攻め」の着こなし

さて次は、同じスカートを、仕事のあとに女子会がある日や、週末にショッピングをする日など、遊び心あるおしゃれをしたい日に着こなせるかを考えましょう。今回例に出している、カーキのミモレ丈スカートに合うトレンドアイテムは、今季注目のスポーティなブルゾンやレタードTシャツ。品のあるスカートにスポーティなアイテムを合わせて甘辛MIXスタイルで着る……そんなスタイルが「攻め」スタイルの一例です。

【3】リラックススタイルに合わせる「休み」の着こなし

同じスカートを、肩の力を抜いたリラックスDAYにもおしゃれに着ることができたら完璧! 「守り」「攻め」コーディネートをクリアしてきたこのミモレ丈スカートは、リラックストップスの代表格・スエットと合わせてもゆるくなりすぎないのがポイント。リュックやスリッポンなど、黒ベースで統一したカジュアルな旬小物を合わせると、リラックススタイルながら洗練された印象になります。

「守り」「攻め」「休み」の3つのテイストの着こなしができる服なら、毎日のコーディネートの主戦力になってくれること間違いなし。
さて、次回より、夏から秋にかけてしっかり着回せる「タイトスカート」「スエッター」「ミモレ丈スカート」の着こなしについて、さらに詳しくご紹介していきます!(後藤香織)

★タイトスカート編はコチラ→ 秋まで着回せちゃう、最旬”モトとれ服”3!【タイトスカート編】

★スエッター編はコチラ→ 秋まで着回せちゃう、最旬”モトとれ服”3!【スエッター編】


(『Oggi』2014年9月号)

【あわせて読みたい】

※ベーシック服の着回し力は、エディター三尋木奈保流・3段階の法則で見極める!

※ノースリワンピを着回して「通勤」「デート」「カジュアル」スタイルにするコツ

※“たった5アイテム”で夏の着こなしが完成!【タイトスカート編】

※シーン別!これはドキッとする大人のショーパン着こなし法

※デートでピンチ!汗、ニオイ、化粧くずれ…に対抗する秘密兵器とは?

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング