体を○○で洗うパリジェンヌスタイルが日本の新常識に!

Woman Insight / 2014年8月21日 17時30分

あなたはボディを何で洗っていますか? 以前はスポンジやタオルで洗うという人が一般的でしたが、最近では「手」で洗うという人が増えているといいます。
これは、「こすりすぎずに、汚れをしっかり落としたい」ということを望む人が増えてきたことや、ボディケアへの意識が高く「手」で洗うのが常識となっているパリの女性からの影響が大きいとも言われています。そこで新常識となりつつある手洗いの実態と、手で洗うことのメリットを考えてみました。

パリジェンヌは、2人に1人がボディを手で洗っている

パリでは約51%の人が手洗い派というボディケアスタイル。日本でも2年前に比べて手で洗う派が増加し、最近では1番多かったナイロンのタオル派(41%)に近づく勢いで、約3割の女性が手洗いにこだわっているようです。
<あなたは体を洗う際、何を主に使っていますか?>

【東京】
1位 ナイロン製タオル(41.3%)
2位 手(29.8%)
3位 綿のタオル・手ぬぐい(12.5%)

【ニューヨーク】
1位 手(25.0%)
2位 綿のタオル・手ぬぐい(22.1%)
2位ヘチマ(22.1%)

【パリ】
1位 手(51.0%)
2位 綿のタオル・手ぬぐい(9.6%)
3位 海綿(8.7%)
(ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の調べ)

手洗いは、肌をいたわり、肌ときちんと向き合える

では、ボディを手で洗うことにはどんなメリットがあるのでしょう。
まずは肌への負担の軽減。タオルなどを使った洗浄では、少なからず摩擦刺激が起こり、肌のバリア機能が損なわれ、乾燥肌を導く危険性が考えられます。しかし手洗いの場合、肌をいたわりながら汚れを落とすことができます。さらにボディケアと洗浄が同時にできるというメリットも。手を使うことで、ボディをマッサージしながら洗うことができ、自分の体ときちんと向き合うことができます。忙しい人にとっては、洗浄とボディケアが同時にできる時短効果もかなり魅力的なのではないでしょうか。

泡のボディソープが人気急上昇! これからはシャワージェルにも注目!?

手洗い人気の高まりの要因のひとつが、ポンプ式の泡のボディソープが増えているということ。これならタオルやスポンジなどで泡立てる必要がないので、そのまま手洗いをすることができるのです。
ちなみにボディを手で洗うことが常識になっているパリでは、8割以上の人が、シャワージェルを洗浄料として使っています。一方、東京の女性は、7割がボディソープ、2割強が固形石鹸を使用しており、シャワージェルの使用者は4%弱。まだまだ日本では浸透していないシャワージェルですが、今後手洗い派が増えることで、シャワージェルにも注目が集まるかもしれませんね。(いしかわちえ)

【あわせて読みたい】

※恐ろしい男子の本音「女のハダカについて」赤裸々アンケート発表!

※男子50人に聞いた「女子の二の腕、ぶっちゃけどーですか!?」

※「女性のボディラインが最も美しい都道府県」1位に選ばれたのは、あの県です!

※松島花、佐々木希…人気モデルの“美BODY”の秘訣を一挙公開!

※すぐ実践できる!グラビアスタイリストが教える「おっぱい盛りテク」

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング