【ムラコシコラム4】アメリカでも日本でも「人は見た目が9割」!最適化テクニック

Woman Insight / 2014年9月10日 15時45分

前回の記事→ 【ムラコシコラム3】日本vs.アメリカ モテる化粧はこんなに違う!

に関連したお話です。

前回、「日本のメイクが好きだけど、時と場合によって使い分ける」と書いたのですが、それはいたって単純で

1、日本人に会う場合
2、アメリカ人に会う場合

で使い分けます。

1の日本人に会う場合に日本のメイクをする理由は、まず相手が日本のメイクの良さを理解しててくれるから。笑
(例: わざと太眉にしている、あえてナチュラルにしている、引き算メイクなど)

それから、みんなそれぞれの目的があって日本からアメリカに来てるけど、ある程度の人数が集まると、だいたいそこに小さい日本社会が出来上がっています。笑
(非常に面倒くさいが)そうゆうところに行かなくてはいけないときはやっぱり第一印象が大事! もしあのアメリカンメイクでバビーンと現れて、うわ何か変な浮かれポンチ来たなんて思われたらもう大損です。

そういう集まりにお呼ばれしたら、当たり障りない感じのメイクと服でさらっと溶け込んでおくのがベターです。(策士)


2のアメリカ人に会う場合と言うのはもちろん友達のノリや相手の文化に合わせるという目的もありますが、特に私が心がけているのは、DMV(運転免許を取り扱う区役所のようなところ)やアパートの管理人室、学校の受付やとにかく契約関係の場所に行くときです。えなんで?と思うと思います。それはですね、

こういうところに行く場合、だいたいは戦わなくてはいけないからです。(前の記事参照♡:  http://www.womaninsight.jp/archives/59910
スタッフの言うことが食い違っていたり、自分の外国人の証明など大事なことをしっかり主張しなくてはいけません。そしてまず英語ではかなわない。英語出来なそうな感じを出してしまうと、あ、こいつダメだってそのまま話を聞いてくれなくなったり、言いくるめられて向こうの解釈で勝手に解決されてしまうので、なめられないために見た目からでもとにかくアメリカ感を演出します。笑

世界中どこでも見た目が堂々としてる人の話は耳を傾けてもらえますよね。キリッとアメリカンメイクで出陣です。はい、形から入るタイプです。(アリー村越)

★「ムラコシコラム」は毎週水曜日に新しい記事をUPしていく予定です。お楽しみに!

アリー村越さんプロフィール

デザイナー/1990.01.12/A型/やぎ座/うまどし/東京生まれの浜っこ/寒がり/さゆみん/ダークチョコレート/えび/アジのおさしみ/ヴィンテージ/フリーフォント集め/クリエイティブプロダクト

Twitter ID : alisam0112

website: http://alisa0112.wix.com/murakoshi

【今までのムラコシコラム】

※【ムラコシコラム3】日本vs.アメリカ モテる化粧はこんなに違う!

※【ムラコシコラム2】海外で働きたい女性必見!「仕事探し」や「生活トラブル」を経験者が語る!

※【ムラコシコラム1】海外で働きたい女性必見!「事前準備」や「おすすめサイト」を経験者が語る!

※マリリンの住んでいたカリフォルニアの美しい島へ行ってみた

【あわせて読みたい】

※「世の中、顔か金」はもう古い!ブスが美人よりモテる理由とは?

※【松本モテ道】「メスベーション」とは?秘密の言葉「男子会用語」にちょっと引いた

※シーンや気分に合わせて2種類の色っぽ顔をつくるメイク術

※秋メイクのトレンドは?大人色っぽい顔を作る4つのポイント【眉編】

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング