コスメ界は“スポンジ”ブーム!抜群の仕上がりファンデーションスポンジ3つ

Woman Insight / 2014年9月23日 21時0分

メイクの仕上がりは、“道具”によって左右されるもの。実は高度なメイクテクニックがなくても、使い勝手のよいメイク道具を使えばいいんです。

秋冬に向けて活躍の場が広がりそうなのが、“スポンジ”。「リキッドファンデーションはブラシでつける」のが主流かと思いきや、最近、スポンジが再び注目を浴びています。「なぜスポンジ? 今までもあったのに」と思う方もいるはず。

でも、こだわって作られたスポンジを選んで使えば、仕上がりのツヤ感が抜群に美しい! そして、テクニックがなくてもムラになりにくい! という2つの大きなメリットが。

スポンジームの火付け役は、「シュウ ウエムラ」から発売されている“雪だるま”のようなスポンジ。こんなにかさばってたら使いにくいのでは?と思われそうですが、これが本当に使いやすいのだとか。

『Precious』10月号では、他にも「ディオール」の円すい形、「ランコム」のしずく形もおすすめしています。

●ランコム スポンジ デ ミラク(¥900)[写真右]

一見、普通にあったよね?と思ってしまいますが、表面のキメの細かさ、適度な厚みがもたらす弾力、さまざまな角度に対応できるよう考え抜かれた形が秀逸。普通に見えて普通じゃない、考え抜かれた形は、目の際や小鼻のくぼみなど、細かい部分にもピタリとはまります。

●シュウ ウエムラ ザ・ライトバルブ スポンジ(¥1,200)[写真中央]

頭がちょっぴりとがった雪だるまのような形で、見た目はユニークながら、画期的かつ使い勝手のよい形は、日本の職人ワザを見るかのよう! 頬などの広い面は大きな円形の曲面で、細かい部分はとがった小さな円形を使って、滑らす・押さえる・たたき込むのつけ方で、ほれぼれする理想のツヤ肌が完成します。

●パルファン・クリスチャン・ディオール スター フルイド スポンジ(¥800)[写真左]

写真ではわかりにくいのですが、こちら、円すい状のスポンジ。絶妙の形と弾力で、肌の面や顔のパーツのあらゆる凸凹にピタリとフィット。ツヤのある若々しいプロ級の仕上りが、驚くほど簡単に手に入ります。先端のとがり具合がとにかく絶妙で、目の際までノンストレスなのは嬉しい!

ファンデーションを買うとついてくる付属の薄いタイプより、スポンジはある程度の“厚さ”と“弾力”があったほうが、仕上がりの肌に効果を発揮します。リキッドファンデーションをうまく使いこなせない人は、一度、これらのようなスポンジを選んでみてはいかがですか?(さとうのりこ)

(『Precious』2014年10月号)

【あわせて読みたい】

※【2014秋冬】人気ブランドの新作ファンデーションをピックアップ!

※ひと手間で上向き&たるみなし!年齢が出やすい「横顔」を美しく魅せるメイクテク

※美容のプロが選ぶ絶対後悔しない「メイクブラシ」人気ランキング

※【今でも買える「江戸の手仕事」図鑑】櫛、毛抜き、耳かきなど“粋”な名品が勢揃い

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング