【グルメ】簡単&激ウマ「たまごかけごはん」究極のちょい足しレシピ3

Woman Insight / 2014年9月19日 11時40分

糖質中心の“ごはん”に、たんぱく質やミネラル分豊富な“たまご”を混ぜて完成するスーパーフード、TKG(T たまご、K かけ、G ごはん)! たまごとごはんに、ほかの食材をちょい足しするだけで、お腹がグーグーなりそうな、美味しい一品に早変わり!

『CanCam』10月号「TKG(たまごかけごはん)の季節です」のレシピ22選から、個人的好みで、3レシピをチョイス。実際に作って、食べてみました♪

THE日本スタイル!かつお節の香りが食欲をそそります
■「かつお節+マヨネーズ」

【材料】
かつお節(小分け袋1パック)、白ごま(ひとつまみ)、マヨネーズ(適量)、めんつゆ(大さじ2/3)

【作り方】
(1)ご飯に卵を落としかつお節をまんべんなくまぶす。
(2)めんつゆをかける。
(3)白ごまをまぶして最後にマヨネーズをかけたら完成!

<試食してみた感想> たまご+かつお節+ごはんだけでも、もちろん美味しいのですが、ここにマヨネーズを加えちゃうのが日本スタイルです。おそらく、マヨネーズだけでは少々まったりしがちな味を、めんつゆが程よく締めてくれてくれている気がします。一見ヘルシーなようで、マヨの分量によっては……ですが、カロリーのことはいったん忘れて、この日本スタイルのTKGを堪能しましょう!

ちょっぴり洋風。とけたチーズとピリ辛明太子が絶品!
■「明太子+クリームチーズ」

【材料】
明太子(10g前後)、クリームチーズ(30g)、刻みのり(適量)、青ねぎ(適量)

【作り方】
(1)ご飯の上に卵をのせ、クリームチーズを手で細かくちぎってのせる。
(2)明太子をのせる。
(3)お好みで青ねぎ・刻みのりを散らし、醤油で味をととのえたら完成!

<試食してみた感想> この発想はなかった! 普通のチーズではなく、やわらかい食感のクリームチーズがベストマッチ。チーズがごはんの温度でとけて、カルボナーラのような、なんだか洋風っぽい味に。明太子+チーズというこれまた日本人なら馴染みのある組み合わせは、TKGで食べてもやっぱり美味しかったです。ちなみに、黒こしょう少々をかけてもgood!

韓国では鉄板の組み合わせ。やはり間違いなし!
■「白菜キムチ+ごま油」

【材料】
白菜キムチ(20g)、韓国のり(2枚)、ごま油(適量)

【作り方】
(1)ボウルに卵を溶きほぐし、ご飯を加えよく混ぜる。
(2)韓国のりを敷き、白菜キムチを載せる。
(3)仕上げにお好みでごま油をかけたら、完成!

<食べてみた感想> 見ただけで味のイメージが沸いて、食べる前から「絶対コレは美味しいはず!」と思ったレシピがこちら。韓国料理では鉄板の“キムチ”と“ごま油”の組み合わせ。韓国料理を美味しくしてくれているのは、実は、ごま油なんです。溶いたたまごとごはんを混ぜた上に、韓国のりと白菜キムチをトッピング。彩りで青ねぎも散らしてみました。このTKG、いちばんのイチオシです!

色々なTKGを試してみて思ったのは、“塩気”や“辛み”など、アクセントになる味を加えることで、たまごの美味しさが際立つ!ということ。いつも以上にごはんを食べてしまう、危険なTKG。でもこの美味しさには勝てません~!(さとうのりこ)

(『CanCam』2014年10月号)

【あわせて読みたい】

※ニラ&ヤマイモが大活躍!彼の夏バテ&性欲減退対策に“効く”レシピ大公開

※簡単・おしゃれ・美味しい!包まない餃子の皮レシピ16【巻き餃子編】

※肌や体にいい野菜の摂り方は断然「低温加熱」!旨み凝縮ゆでレシピ(2)

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング