有名ファッションエディターも大注目!「辛口ブルゾン」が秋に役立つ4つの理由

Woman Insight / 2014年10月3日 21時0分

ベーシックファッションを今年らしく更新してくれる本命アイテムは、「辛口ブルゾン」! いつものコーディネートにさっと羽織るだけで一気に2014年秋スタイルになります。
女性誌『Oggi』の看板エディター三尋木奈保さんも、クールさ・女性らしさ・こなれ感が絶妙なバランスの「辛口ブルゾン」のとりこです。
そんな「辛口ブルゾン」がこの秋役立つ理由を『Oggi』11月号よりご紹介します。

【1】1枚羽織ると秋のモード感が即手に入るから。


「10月に入ったら、何かしら秋アイテムを身につけていたい……」という気分に応えてくれるのが辛口ブルゾン。9月までヘビロテで着ていたカットソーやTシャツにさっと羽織るだけで、ピリッとかっこいい秋のモード感が簡単に手に入ります。パッと目が行くアウターだからこそ、モードをアピールする力も抜群!

【2】長めが気分の秋スカートとバランス抜群だから。

今年のスカートで特筆すべきことは、とにかく丈が長いこと! 去年より10cm長くなったと言われているくらいですから、どんなアウターを合わせたらいいか悩む方も多いはず。そんなときこそ辛口ブルゾンの出番。シャープなデザインとコンパクトな丈感が、クラシカルで甘い長めスカートにキレ味を足してくれます。「辛口ブルゾン×ひざ丈スカート」は今年の鉄板おしゃれバランス。きれいめブーティで仕上げればパーフェクトです。

【3】ウール素材のものなら、10月~12月と長く使えるから。

「なんだかんだすぐ冬コートの季節になっちゃうんじゃないの?」 いえいえ、今季豊富なウール素材を選べば、12月まで長く着こなせる優秀アウターなんです。10月はTシャツ、11月はニット、12月はパーカーなどのインナーの調整と、10月はひざ丈タイト×ショートブーツ、11月はクロップドパンツ×パンプス、12月はタイツとローファーなど足元の温度感調整が大事。タイト、パンツ、フレアスカートとメインになるボトムに合わせやすいのも長く着られるポイントです。

【4】重心を上げてくれて必ずスタイルが良く見えるから。


今季の辛口ブルゾンは、大人が着やすいようにコンパクトなきれいめシルエットに仕上がっているのが特徴。重心を上げてくれるので、誰でも必ずスタイルがよく見えます。さらにスタイルをよく見せたい方は、ブルゾンとボトムを黒×白などのコントラスト配色にすると、いっそうほっそり見えます。パンツのときは、インナーをブルゾンよりやや長めの丈にしておくと、おなか周りの“間延び感”をカバーする効果あり!

今どきモード感、今年のアイテムとの相性のよさ、スタイルアップ効果と私たちが欲しいものが1枚に詰まっている辛口ブルゾンは、秋に欲しいアイテムの筆頭!
是非次のお買いもののときにチェックしてみてくださいね。(後藤香織)

(『Oggi』2014年11月号)

【あわせて読みたい】

※本当に使える「秋の3大トレンド靴」は、こう選ぶ、こう合わせるのが正解!

※こなれカジュアル派が2014年秋に注目すべきアイテムはこの3つ!

※【今日のインサイト】9月21日は「ファッションショーの日」。“秋のトレンド”キーワードを各ファッション誌からチェック!

※秋服を買う前に絶対チェック!2014年秋のレディなファッションニュース5!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング